飲食店の中でも人気のバー経営を成功させるポイントとは

飲食店の中でも人気の高いバー。近年はバー市場がとても急成長していて、今後も成長が見込まれているジャンルです。しかしバーを開業したからと言って必ずしも成功するわけではありません。人気のバー経営を成功させるためのポイントをご紹介します。

コンセプトづくりをしっかりと

どの飲食店でも同じですが、バーの場合は特にコンセプト作りが大切になってきます。ただお酒を出すだけのバーではなかなか成功しません。
ダーツバーやカラオケバーなどの定番のものはもちろん、スポーツバーや占いバーなど近年は特色のあるバーが非常に増えています。

コンセプト作りのために、主なバーの種類をご紹介します。

・音楽系のバー

ジャズバー・ピアノバー・レゲエバーなど生演奏が楽しめたり、特定のジャンルの音楽を流しているといった音楽を楽しみながらお酒が飲めるバー

・本格的なバー

本格的なお酒を提供するバー。技術の高いバーテンダーの方がマスターやスタッフを務めていることが多い。ショットバーやオーセンティックバーなど。

・食事が楽しめるバー

最近人気なのが、お酒のみでなくちゃんとした食事も楽しめる、居酒屋に近い形態のバー。ダイニングバーやレストランバー、スペインバルなどが人気です。

・エンターテインメントが楽しめるバー

マジックバーやフレアバーなど、ショーを見ながらお酒を楽しむバーも人気です。

・スポーツ系のバー

ゴルフバーやダーツバー、ビリヤードバーなどお酒を飲みながらスポーツを楽しむことができるバー。大人数で楽しむことができるため、多くの顧客を呼び込めます。

・ビールがメインのバー

ビアホール、エールハウスと呼ばれるビールのメニューがメインとなっているバーもあります。

他にも趣味に特化したものなど、非常に様々な種類のバーがあります。近くに同様のバーがなく、その地域で需要があると考えられる種類のバーを経営することが、成功への近道となります。

注意しておきたいのは、個性や特色を意識しすぎて、奇抜なコンセプトにしないこと。印象的なお店作りをすることは大切ですが、インパクトがありすぎるものだと最初は物珍しさからお客さんが集まるかもしれませんが、長続きしない傾向にあります。長期的に経営を安定させるにはどういった需要に応えるべきかなども考えつつコンセプトづくりをしていきましょう。

接客は心を込めて

小さい規模のバーでも、大きい規模のバーでも、オーナーや店長、スタッフの接客態度は非常に重要なポイントとなります。他の飲食店に比べてもバーはスタッフとお客さんの距離が近い形態です。接客によって良い印象を与えることで、リピート率もアップします。お客さんにまた来たいと思ってもらえるような接客を心がけましょう。

話しやすい雰囲気づくりや笑顔、挨拶など基本的な接客のポイントはもちろん、お店のコンセプトに合った接客をするようにしていきましょう。スタッフを雇う場合は、接客における教育をしっかりと行っていきましょう。

常に最新の情報を知ろう

コンセプトが決まっているバーであっても、その時代に合った接客やお店作りが大切です。成功するためには常に良い方向へ改善していくことが大切。流行っている料理があればメニューに追加してみたり、流行りに合わせたコンセプトのお酒を出してみたりと常に最新の情報をチェックしてお店に活かしていきましょう。

また、実際にお店に訪れてくれるお客さんの声もとても重要です。常連さんなどに聞いたりアンケートをとったりして、お客さんが求めているものを常に把握しておきましょう。

初期費用を抑える

どんなにこだわりのお店を作っても、運営していくうちに赤字になってしまうと意味がありません。しっかりとしたコンセプトづくりをしてお店作りにこだわることも大切ですが、費用を抑えることも重要になります。

特に一番最初に必要となる初期費用は安く抑える方法がいくつかあります。例えば、居ぬき物件という前にバーをやっていて設備が残っている物件を利用すれば設備工事費用をぐっと抑えることができます。また、備品はリースや中古などにすると費用が下がります。

初期費用を節約しておけば、開業してから早い段階で黒字経営になる可能性が高くなります。逆に初期費用が高くなってしまうと、その返済に追われてせっかく売り上げが上がってもなかなか経営が軌道に乗らなくなってしまう、という事態になる可能性もあります。初期費用はバー経営を成功させるための最初のプロセスとして重要なポイントとなります。

顧客のことを第一に考える

飲食店すべてに言えることですが、最も大切で成功するために必要なのはお客さんのことを考えること。どんな価格でどんな味のものを求めているのか、サービスはどんなものがいいのか…。そこを手抜きせずしっかりと行っていけば、成功へと近づくことができます。
お金のことも大切ですが、まずはお客さんに満足してもらうことを第一に、経営をしていきましょう。