経費削減できる飲食店の居抜き物件・居抜き店舗のメリットデメリット

飲食店を開業するためには、店舗の設備費用や、内装工事費用などの多額な初期費用が掛かります。初期費用を用意するには、自分の貯蓄はもちろん、銀行等から融資を受けるといった方法があります。

ここでどのくらいの金額を用意できるかにもよりますが、設備等にかかる費用はできるだけ抑えておいたほうがいいと考えられています。なぜなら、初期費用にお金をかけすぎてしまうと、開業後にそれを回収することが難しくなり赤字経営となる期間が長くなってしまうからです。
早く黒字経営をするためにも抑えたい初期費用。そのポイントとなるのが、居抜き物件・居抜き店舗を利用した開業となります。

今回は、居抜き物件とはどんなものなのか、そのメリットやデメリットなどについてご紹介します。

居抜き物件・居抜き店舗とは

飲食店ではよく用いられる物件・店舗の形式で、同業種の閉店した物件や店舗に残ってある設備などをそのまま利用して出店するという出店形態のことです。

物件によって残っている設備には違いがあり、一部の厨房設備のみしか残っていない、という場合もあれば、中には看板を変えただけで設備も内装もそのまま流用して開業することができるような物件もあります。

初期費用を抑える開業方法としては非常に注目されていて、多くの飲食店開業を目指す方が居抜き物件を探しています。

居抜き物件のメリット・デメリット

飲食店を開業する際に居抜き物件を利用しようと検討している場合は、まずは居抜き物件にあるメリットやデメリットをチェックしておきましょう。物件の種類や条件によってメリット・デメリットが変わる場合もあります。物件についてしっかりチェックすること、信頼できる不動産やを介して物件探しをすることが重要です。

メリット

初期費用が抑えられるという点が一番のメリットとなります。空調などの設備を新たに導入しなくてもいい、物件によっては内装や設備費用が一切かからないこともあります。初期費用の中でも多くの金額を占める設備費用・内装工事費用を抑え、他の部分にお金をかけることができます。

また、0からお店作りをする場合、設備搬入や内装工事をすると時間かかってしまいますが、居抜き物件の場合は工事の期間が不要となるため、オープンまでの期間を短くすることが可能です。場合によっては、以前営業していたお店の顧客を呼び込めるという可能性もあります。

デメリット

閉店した理由によってはデメリットが生じる場合もあります。例えば、立地が悪く、顧客が集まらなかったために閉店したお店の場合。そんな立地にある物件を居抜き物件として利用したとしても、同様に顧客が集まらない可能性もあります。

費用を抑えることができても、開業後にしっかり運営できなければ意味がありません。居抜き物件であるかどうかという点よりも先に、立地条件が良いかどうかという点をチェックしておくことが大切です。

閉店理由が営業不振という場合は、新たに同業種で回転してもあまり人気が出ないことがあります。例えば、評判の悪いカフェがあり、営業不振により閉店。しばらくして同じ場所に似たようなカフェが新しくできたとします。あまり印象が良くないということが想像できますよね。以前のカフェとは明らかに違う、その土地のニーズにもあっていて期待が出来そうだといった場合は別ですが、前のお店の評判が悪い場合はデメリットになってしまうことが多いので注意しておきましょう。

居抜き物件の探し方

通常、賃貸の飲食店は、閉店して退去する場合、設備や内装を取り除き、キレイに元の状態に戻す必要があります。居抜き物件を利用したい場合は、完全に退去する前でありつつ、閉店・退去が決まっているお店を探さなくてはなりません。

そもそも飲食店の居抜き物件はあまり多くはありません。そのため、専門の業者や居抜き物件・店舗に詳しい不動産会社を頼る必要があります。

東京など、居抜き物件が比較的多い都市の場合は居抜き店舗を専門に取り扱う業者を探して問い合わせてみましょう。あまり表には出ないような居抜き店舗の情報が手に入ることもあります。比較的居抜き物件や店舗の数も多いので探しやすいでしょう。

また地方などの場合はその土地のテナントなどを多く取り扱っている不動産会社に問い合わせてみることをオススメします。開業したいと考えている街の空テナントをチェックして、どこの不動産会社が多く取り扱っているのか探してみたり、ネットで情報をチェックするなどして調査してみましょう。

事前の調査が大切

初期費用が抑えられるといっても、デメリットもありますし、土地によっては居抜き物件そのものが見つかりにくいこともあります。

それでも初期費用をできるだけ抑えたい、デメリットを承知の上で居抜き物件を探したいという方は物件や立地、居抜き物件に関する事前の調査をしっかりと行い、飲食店開業においてプラスとなる物件を探してみてください。より良い物件を見つけることができ、それをうまく利用して店舗が完成すれば、飲食店開業成功への第一歩となることでしょう。