飲食店に最適な照明の色温度とは

色温度ってなに?

色温度とは、光の色を表す尺度のことで、単位はK (ケルビン)です。光の波長を表すナノメートルや、照度を表すルクス等とは全く違うものになります。

このケルビンの数値が低いほど暖かみのある色となり、高いほど涼しげな色の光となります。
例えば、ろうそくの光や白熱電球の光、夕陽や朝日などの色温度は2000~3000K 、昼間の太陽光が5000K 、白昼色の蛍光灯が5500K と言われています。蛍光灯の中でも、昼光色といわれる色は6500K 位です。

室内照明でいえば、一般的なオフィスなどの照明の色温度は5500K、雑貨店は4000K 、薬局などが6500Kだと言われています。

照明の色温度の効果

「光の色くらいでそんなに変わるの?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。ですか、少し考えてみてください。
たとえば、「洋服を買ったら、お店で見たときと家で見たときと色のイメージが違っていた」とか、「飲食店で持ち帰りをして家で食べようとすると美味しそうに見えなかった」という経験がありませんか?

それは、照明の色温度の違いが原因かもしれません。

色温度には、料理の見え方や店の雰囲気に様々な影響を与える重要な要素です。

・色温度が高い光の効果

色温度が高いスッキリとした光は、人の集中力を高める色と言われています。そして、清潔感を感じさせる効果もあります。

学習塾やオフィスなどが青みがかった照明を使うのも、集中力を高める効果を考えている結果だと言えます。

・色温度が低い光の効果

色温度が低い暖かみのある光は、人をリラックスさせる効果があります。とくに、夕陽のような赤みのある暖かい色はリラックス効果が高いと言われています。

そして、暖かみのある色は料理をより美味しそうに見せ、食器やカトラリーを美しく見せる効果もあります。
特に白熱電球の光で低い位置から食卓を照らすと、料理に綺麗な陰影をつけて盛り付けや食材の色をより美しく見せてくれると言われています。

飲食店に最適な色温度とは?

飲食店と一言でいっても、客席や厨房など用途が違えば適した色温度も異なります。また、場所によっても、それぞれに適した色温度があります。

・客席の照明の色温度

当然、テーブル周りの客席の照明は、料理を美味しそうに見せる2000K ~3000K の色温度がベストです。温かく柔らかい光はリラックス空間の演出もできますので、料理が美味しそうに見えるだけでなく「またあのお店に行きたい」と思わせる効果も期待できます。

・厨房やレジ周りの照明

会計をするレジ周りや厨房は客席より高い4000Kから5000K 程度に設定することで、集中力を高め会計ミスや調理時のミスを防ぐことができるかもしれません。

・看板

一般的に看板に適した色温度は、6500K前後の色が向いていると言われています。
これは、青白い光は色の再現性が高いため、看板の装飾やフィルムの色をしっかりと表現してくれるからです。

だからといって、電球色の光が看板に向いていないと言うわけではありません。

飲食店の場合は色温度が低い電球色の光を使った看板にすることで、落ち着いた雰囲気や高級感、和の趣などを演出することもできます。

どのような看板を、どんな雰囲気の店舗に使用するかを吟味して看板の照明を決めましょう。

色温度だけでなく明るさにも注意するとより効果的!

飲食店とひとことで言っても、レストランやバーなど様々です。色温度だけでなく照明の明るさにも気を付けるとより効果的といえます。

・レストランやカフェ場合

レストランやカフェの場合、客席の照明の明るさは、400luxから750luxといわれています。
たとえば、ファミリーレストランは明るめの700lux前後、カフェや高級レストランなどはやや暗めの500lux前後が適していると言われています。

時間帯によって明るさを変えるという方法もあります。ライチタイムは照明も明るめに、ディナータイムはやや暗めにという演出をしているところもあります。

加えて、照明の高さでもお店の雰囲気を演出できます。ラインタイムは高い位置から全体を照らして楽しい時間を、ディナータイムは低い位置や間接照明を使用してムードを高めるとより照明の演出効果を得ることができます。

・バーなどの場合

バーの場合は、客席の照明は300lux程度の暗めがオススメです。
落ち着いた雰囲気を演出することで、雰囲気に酔ってお酒をより美味しく召し上がっていただける空間になります。

・通路

通路の照明は、200lux以下がオススメです。もちろん、安全に移動できる明るさは必要です。その上で、通路の照明を客席より暗めにすることでより食卓を華やかに見せることができます。

・暗すぎると風営法の対象に!

飲食店の客席の照明が10lux以下になると、風営法の対象とされてしまいます。
落ち着いた大人の雰囲気にしたい!という方もいらっしゃるかと思いますが、風営法の対象になると営業時間などに制限をかけられてしまいますので、注意が必要です。