飲食店が女性をターゲットにする場合のポイント

明るく開放感のある店内にする

飲食店が女性をターゲットする場合、おしゃれな内装にすることに気を取られてしまいがちです。たしかに、おしゃれであればあるほど女性客が集まりやすいのは事実です。ですが、おしゃれさに加えてもうひとつのポイントがあります。

それは、店内の”明るさ”です。

明るさといっても、照明の色や強さのことではありません。ここで言う明るさは、自然光を取り入れる開放感のある明るさです。

大きな窓辺にソファー席を作ったり、天窓などを最大限について活用したりして解放感のある客席にしましょう。日が暮れた後であったとしても、外に照明を置いて木や花壇を照らすことで開放感を作ることができます。

どんなに内装がおしゃれでも、閉塞感のある空間には長くいたくないものです。女性客をターゲットにするなら、回転率よりも長居したくなる居心地のよい雰囲気と空間の演出を優先しましょう。

食器や紙コップは季節感のあるものを

食器や紙コップは、おしゃれで季節感のあるものをセレクトしたいところです。

ある飲食店では、持ち帰り用のドリンクの紙コップを従来の茶色いものから、季節によって変えてみたところ売れ行きが10%程度延びたそうです。その飲食店は、春は桜柄、夏海と太陽の柄、秋は紅葉の柄、冬は雪の結晶の柄にしたといいます。
すぐには、売り上げアップ効果は感じられなかったれど、紙コップを変えて4カ月程たった頃に「最近、よくドリンクが売れる」と感じるようになったといいます。とりわけ、女性客が2、3人で来店したときにドリンクが売れるようになったそうです。

女性は、たとえ捨ててしまうものでも”かわいさ”を求める傾向があります。紙コップもそれにあたるというわけです。

ポイントは、できることなら紙コップを注文スペースから見える位置に飾ることです。そうすることで、さりげなく「今、ドリンク買ったらこの紙コップですよ」とアピールする事ができます。

お手洗いに置くとよいもの

女性客は”ちょっとした気づかい”を評価します。それを簡単に表現できるのが、お手洗いです。

・トイレットペーパー

女性用のお手洗いだけでも構いません、トイレットペーパーを白いものではなく、色や柄のついたものに変えてみましょう。

ただ、それだけのこと…が心に残り「今日はどこに行こうか」と迷ったときの最後のひと押しになって選ばれやすくなります。

色や柄のあるトイレットペーパーはすこし割高ではありますが、それでも僅かな金額です。どうしても、常時は使えないと考えるのであれば、クリスマスや桜の季節など特別なイベントのときだけでも、トイレットペーパーを変えてみてはいかがでしょうか。

・コットンや綿棒など

お手洗いにコットンや綿棒を置くのも効果的です。

女性は、お手洗いの鏡を使ってメイク直しをします。その際に、コットンや綿棒があるととても重宝します。かゆいところに手が届くお店というひとつのアピールになります。

・生理用ナプキンを常備しておく

生理用ナプキンをお手洗いに設置する必要はありませんが、「用意してありますよ」と張り紙をしておきましょう。

女性にとって、突然生理用ナプキンが必要になる非常事態に対応してくれる飲食店はとてもありがたい存在です。

緊急時には女性スタッフに声をかければ、生理用ナプキンを差し上げることが出来るようにしておきましょう。

・芳香剤も忘れずに

お手洗いには必ず芳香剤を置きましょう。単なるにおい消しではなく、芳香剤の良い香りでリラックスしてもらうためです。

料理の妨げにならない程度の、ほんのりとした香りがオススメです。

メニューづくりのポイント

・ヘルシーに見えるメニューをつくっておく

メニュー作りにもポイントがあります。女性ターゲットというと野菜メインを想像しますよね。当然、ヘルシーメニューは必須です。ですが、女性だってお肉やお魚を食べたい時もあります。その上で、おしゃれな物を食べたいというのが女性の心理です。

つまり、本当のヘルシーだけでなく”ヘルシーに見える”メニューも必要ということです。
野菜メインのように見えて、実はお肉も入っている!という、なんちゃってヘルシーメニューも用意しておきましょう。

・スイーツとドリンク

女性は甘いものが大好きです。季節の果物を使ったスイーツやドリンクを必ず準備しましょう。
スイーツを準備するときのポイントは”おしゃれさ”と”小さめ”です。

これには理由があります。

まず、見た目が可愛らしくて小振りなスイーツをラインナップしておけば、食事の後にデザートとして注文されやすくなります。そして、デザートですから小振りであることが重要ポイントになるというわけです。

・女性が来れば、男性も来る?

女性が来るお店は<女性同士だけでなくカップルも来店しやすくなります。デートの時も男性は女性が喜ぶお店を探してセレクトします。 つまり、女性を呼べば、男性も来るようになるという側面もあるのです。

まとめ

女性の心をつかむコツは小さな気配りの積み重ねです。小さなことを積み重ねていくことで、店舗の評価が上がり、集客につなげることができます。大げさな演出よりも簡単にできもるものばかりですので、是非、参考にされてみてください。