実際の年収は?飲食店オーナーの平均年収を知っておこう

夢の飲食店開業…!飲食店を開業したいと考えているけれど、飲食店オーナーはいったいどのくらい儲かるの?と疑問を持っているかたも少なくはないでしょう。

そこで今回は、飲食店オーナーの平均年収についてご紹介します。

まずはサラリーマンの年収を知っておこう

外食業が当てはまる営業分野におけるサラリーマンの平均年収は、全体で462万円だと言われています。そのうち、飲食業界の平均年収は407万円となっています。有名チェーン店など、上場している大手外食企業に絞ると、400万~500万の間くらいが最も多いようです。

知名度の低い外食企業になると、平均年収はさらに下がります。全体から見てもほかの業種と比べるとあまり飲食業界のサラリーマンの給与は高くないと言われています。

飲食店オーナーの平均年収

飲食業界のサラリーマンの年収は低い傾向にありますが、なんと、飲食店オーナーの平均年収はサラリーマンの年収をはるかに上回る600万円前後になっているそうです。(日経レストラン調べ)
また、年商によって給与にも差が出ます。

・年商2000万以上 年収436万
・年商4000万以上 年収557万
・年商6000万以上 年収639万
・年商8000万以上 年収717万
・年商1億以上  年収834万
・年商3億以上  年収1492万
・年商10億以上  年収2213万

これを見てわかるように、年収1000万を目指すには年商1億円以上のお店作りを目指さなければならないということです。
現実的に考えると、1店舗で1億を超す利益を上げるのは難しいでしょう。そこで年収をアップさせるためには店舗数を増やす必要が出てきます。多くの飲食店オーナーは1店舗から始め、そのお店が軌道に乗ってきたら2店舗目の経営を計画しています。

年商3億レベルになれば、やはり多くの店舗を手掛けているオーナーが多くなります。しかし中には1店舗で1億の年商を上げているお店もあります。そういったお店はリピーターの獲得・立地へのこだわり・客単価アップへの努力・細かい顧客リサーチなど様々な努力を行っています。

飲食店オーナーが自分の年収を上げるには、お店の年商を上げることが重要になります。様々な成功のノウハウを実践して、繁盛店を作り年収をアップさせていきたいですね。

業種別平均年収

・居酒屋経営 300万~2500万 
・バー経営 300万前後
・定食屋経営 200万~300万
・レストラン経営 400万~600万
・ラーメン店経営 800万前後
・カフェ経営 200万~1000万

居酒屋経営にばらつきがあるのは、小規模のお店を1店舗経営している場合と、複数店舗を経営している場合で大きな差が出るからです。

また、カフェ経営も年収にばらつきがあります。これはフランチャイズ経営と1から個人で行う経営で差が出るからです。1人で切り盛りしている小規模のカフェだとあまり売り上げは高くなく、経営者の年収も低い傾向にあります。しかし顧客が常に満員となるようなフランチャイズのカフェの場合は、経営者の年収が高くなるようです。

安定した年収を得るためには?

・自分が働かなくてもお店が成り立つシステムを作る

飲食店オーナーが安定した年収を得るためには、複数店舗の経営のみだけではなく、自分が働かなくてもお金を稼ぐことができるシステムを作る必要があります。

例えば、自営業の場合は会社員と違ってもしもの時に補償してくれる「傷病手当」などの制度がありません。ケガや病気をしてしまって働けなくなった場合は、直接収入に関わってきます。

そこでスタッフに自分がいなくても働いてもらい、お店を開けることができるシステムを作ることが重要になってきます。もちろん、経営面の細かい部分や重要な部分は自分で行う必要がありますが、スタッフだけでお店が回せるようになれば複数店舗の経営に手を広げられますし、「もしも」に備えることができます。

飲食店経営を志し、年収をアップさせたいと考えるならこの仕組みを作ることを念頭に置いておきましょう。

・投資をちゃんと行う

年収の高い経営者の特徴として挙げられるのが、投資にしっかりお金をかけているという点です。飲食店経営における投資とは、設備投資や人権費や教育費です。

より美味しい料理を効率よく提供できる最新の設備を導入したり、スタッフの教育資金をかけてちゃんとした接客を学ばせたりとよりお店の利益を上げるために投資をすることはとても重要です。

もちろん、開業当初は投資に回すお金がありません。経営が軌道に乗り始め、しっかりと利益が発生し始めてから投資に関して考えるようにしましょう。

年収アップのために、勉強しよう!

飲食店経営者の平均年収はサラリーマンの平均年収よりも高いですが、飲食店経営者の中には赤字経営で苦しんでいる、という方も居ます。

開業したからといって必ずしも年収がアップするわけではありません。より高い年収を得るためには多くの努力が必要です。特に「経営者」となったからには、経営に関する勉強が必要です。色々な知識を得て経営に役立て、高い年収を得られるお店作りをしていきましょう。