いつもキレイで衛生的に!清潔を保つための飲食店での掃除のコツ

飲食店において、清掃は非常に重要な「お店の印象を決めるポイント」となります。直接顧客の目に入るホール部分はもちろん、厨房もしっかり清掃が必要。そのほかエアコンや換気扇などの部分もしっかり清掃する必要があります。

清掃業者に清掃を頼む場合もありますが、小さい規模のお店の場合は自分で清掃をするのが基本となります。そこで今回は、飲食店における清掃のポイントや掃除のコツなどをご紹介します。

顧客が触れるものはよりキレイに

顧客が直接触れるカトラリーや食器は、特にキレイにしておく必要があります。例えば、お水を入れるグラスやスプーンなどが汚れているようなお店には、「また来たい」と思えませんよね。

基本は、食器洗いが終わったらきちんと拭いて汚れがないか確認。お客さんの入りが少なく手が空いている時はグラスを磨くなどしてこまめにキレイにしておくよう心がけましょう。スタッフにも手が空いている時はカトラリーやグラスを磨くように指示しておくといいでしょう。

食器類だけでなく、テーブルに置かれている調味料などもテーブルを片付けるときに汚れていないか簡単にで構わないのでチェックするように心がけましょう。

玄関は一番最初に目に入る場所

顧客が入ってくる玄関口は、一番最初に目に入る場所となります。玄関を隅々までチェックする顧客は少ないですが、入った瞬間に清潔感があると思わせることができれば、お店の印象をアップさせることができます。

玄関は開店前にしっかり掃除をして、チェックを行いましょう。ランチとディナー、どちらの時間も営業するお店の場合は、間に仕込みや準備の時間でお店を閉める時間があると思います。この時間に、玄関の掃除もしておくと開店から閉店まで、玄関の美しさを保つことができます。

また、インテリアも無駄な装飾品を置きすぎないようにする、観葉植物などは手入れが楽なものを選ぶといった掃除がしやすいものにしておくといでしょう。

床やテーブルの清掃はこまめに行おう

顧客が店内にいるときに床の掃除をすることはNGですが、汚れがある場合はテーブルを片付ける際にさっと拭いて汚れを取り除きましょう。

顧客が帰った後は食器を片付けてテーブルを拭きます。セルフで食器を返却口まで持ってきてもらうタイプのお店であっても、テーブルを拭くことは忘れずに。テーブルを拭くときは布巾に水を付けすぎないように注意。汚れが採れていても水跡がついていると汚く見えてしまうのでしっかりと絞った布巾を使用しましょう。

顧客がいない時間帯がある場合は、すべてのテーブルを再度拭くなどして清潔を保ちましょう。

衛生面で需要な厨房の掃除のコツ

厨房は最も汚れる場所。直接顧客に見えない場所であっても、汚いと衛生面に問題が出る可能性もあるため、きちんとキレイにしておく必要があります。

厨房の床は油汚れがつきやすいため、アルカリ洗剤など油に強い洗剤を使うときれいになります。ランチタイムとディナータイムの間や、閉店後などに掃除をしましょう。

その他、調理場は全体的に汚れたらその都度拭き掃除をすると清潔を保つことができます。さっと汚れが拭けるように、キッチン用の雑巾や洗剤がついたシートなどを用意しておくといいでしょう。「こまめに掃除する」ということを心がけておきましょう。

エアコンや換気扇は業者に任せてもOK

厨房の中でも換気扇 (レンジフード) やフライヤー、グリストラップは非常に汚れがたまり、不衛生になりやすい場所です。また、素人には掃除が難しい場所でもあるため、多くの人が業者に掃除を頼んでいます。「業者に頼むと費用が掛かるため、節約したい」という場合は自分で掃除する・スタッフに掃除させるという方法でも構いません。業者に頼む場合も自分で掃除をする場合も、定休日や閉店後などに行うようにしましょう。

換気扇はキッチンペーパーなどを敷いてから洗剤を吹きかけ、洗剤が油汚れに馴染むように置いておくと汚れが取れやすくなります。どうしても取れないこびりついた油汚れはヘラなどでこそぎ落とすといいでしょう。

フライヤーは、上部に設置されているオイルフィルターをこまめに掃除するように心がけておきましょう。オイルフィルターは外してからつけ置き洗いをして油汚れを落とします。フィルターの掃除は難しくないので、こまめに行うと清潔が維持できますし、手入れも楽になります。

お店の状況に応じて清掃の時間を決めておこう

こまごました食器やテーブルなどの掃除は顧客が利用した後など、その都度行う必要があります。それ以外の場所もこまめに掃除を行うべきですが、「気が付いた時に掃除する」という方法では、ついつい掃除がおろそかになってしまいがちです。

掃除のし忘れなどを防ぐために、最初から「何曜日の何時には〇〇を掃除する」など清掃の時間を決めておくようにしましょう。清掃チェックシートなどを作っておき、スタッフに分担させて掃除を行う方法も効果的です。こうすることで掃除の習慣が身に付き、清潔で顧客に良い印象を与えるお店作りをすることができます。

飲食店では「清潔感」はとても重要なポイントとなります。いつ来店してもキレイなお店だと印象付けられるよう、清掃にも力をいれていきましょう。