飲食店が近隣店舗とのトラブルを回避するために出来る事

近隣店舗とのトラブルを回避することは、イコール普段から人間関係を良好にしておくことが基本です。

近隣店舗とのトラブルは避けたい!その理由

近隣店舗とのトラブルはできるだけないほうがいいものです。
でもそれは単に「仲良くした方がいいから」ではありません。

近隣店舗との良好な関係を築くことは、飲食の経営面でも有益なのです。

近隣店舗は口コミの発信源

近隣店舗はあなたの飲食店の情報の発信源になる場所です。

近隣店舗がどのような店舗であったとしても、それぞれの店に常連客や顧客がいます。
時にふとした会話の中で「あのお店は美味しいの?」「あのお店はどんなお店?」と会話になることはよくあります。

つまり、近隣店舗から情報発信されることになるのです。

その情報を得る側からすれば「ご近所さんの評判がいい」店はそれだけで印象がよくなります。

よそのお店を真正面から批判する人はあまりいませんが、やはりいい印象を与えておいて損はないのです。

近隣店舗は常連客になりうる

近隣店舗のオーナーや従業員は、いつもあなたの飲食店の近くにいる人です。

つまり、常連客にもなりうる人たちでもあるのです。

仲良くしておけば例え ”お付き合い” だったとしても足を運んでくれることになります。単なるご近所さんというだけではなく、常連客になるかもしれない人たちだと認識して接するように心がけましょう。

季節の挨拶やちょっとした会話は忘れずに

やはり人間関係の基本は挨拶と会話です。フランクに話をすることで交流を深めましょう。

挨拶は交流の基本です

普段の挨拶はもちろんですが、年末年始などの挨拶も忘れないようにしましょう。少々面倒に思えるかもしれませんが、年末年始の挨拶などをいつもしっかりと行っていればそれだけで相手は「礼儀正しい人だ」と思ってくれるものです。

ちょっとした会話も忘れずに

挨拶だけでなく、時には雑談もするように心がけましょう。

雑談をする事であなたの人間性が相手に伝わりますし、あなたも相手の人間性を認識する事ができます。

雑談をすることで、ビジネスライクな関係ですよ!という空気感ではなく人間らしさを演出することもできます。

迷惑をかけそうなときは早めに挨拶を

イベントや工事などで迷惑をかけそうな時は、早めに挨拶をして置くようにしましょう。

普段から仲良くしていたとしてもなぁなぁにするのはNGです。

ときどき差し入れやおすそ分けをするのは効果的

食べ物で釣っているようでなんだかいい印象を持たないかもしれませんが、差し入れやおすそ分けはやはり効果的です。

新作などをためしてもらう

新作メニューを作ったときには、近隣店舗に差し入れをすると色々な効果を見込む事ができます。

新作メニューに対するの感想や意見を聞くことも出来ますし、宣伝効果もあります。先ほど少し触れましたが、近隣店舗は情報発信源です。いち早く新作メニューを持って行くことで、宣伝効果をねらいましょう。

おすそ分けなども効果的

新作メニューばかり持っていくと、少々あざといような気もしますよね。

そんなときは、おすそ分けもオススメです。

季節のフルーツや野菜などを、仕入れの際に少し多めに発注しておすそ分けすると印象がよくなります。新作メニューの差し入れのような宣伝効果は見込めませんが、交際費だと思って気持ちよくおすそ分けしましょう。

差し入れやおすそ分けの注意点

差し入れやおすそ分けは近隣店舗との交流方法として、とてもシンプルでわかりやすい方法です。

ですが、やり過ぎには注意が必要です。

物を貰って怒る人はあまりいませんが、やり過ぎると相手にプレッシャーをかけてしまいます。

また、量や内容にも注意しましょう。

おすそ分けや差し入れの時には、近隣店舗に何人の人がいるのかは把握しておく必要があります。「貰ったはいいけど足りない・・」という事にならないように心がけましょう。

お互いに支え合うという気持ちを忘れずに・・

仮に飲食店同士であったとしても、お互いに支え合う関係を築いて置くことは大切です。

工事などの時に気兼ねなくお願いできます

飲食店の内装工事や家具の搬入の際に、近隣店舗に騒音などで迷惑をかけることもあります。

そんな時には近隣店舗に挨拶をして了承を貰うことになりますが、普段から良好な関係を築いていれば、気持ちよく了承してもらえます。

逆の場合でも、お互い様の精神で気持ちよく了承するようにしましょう。

移転や臨時休業の時のアナウンスにも

飲食店は様々な理由で移転することもあります。近隣店舗との関係が良ければ、移転の際のアナウンスに協力してもらうことができます。

また、自然災害などで臨時休業するときにも近隣店舗との関係がよければお客様へのアナウンスや張り紙を手伝って貰えることもあります。

お互い様・・という心を忘れずに相互扶助しあいましょう。

騒音やゴミなどに注意

当然のことですが、騒音やゴミには最新の注意を払いましょう。

持ち帰りのお客様が出したゴミが落ちていないか・・スタッフだけでなくお客様が騒音を出していないかにも心を配りましょう。

まとめ

近隣店舗とのトラブルを避けることは普段からの交流が一番効果的な対策です。

会話や挨拶、連絡などをしっかりしておけば宣伝効果や相互扶助などもできます。