アメリカで大ブームのクラフトビール、日本でも人気広がる

クラフトビールは、それぞれ風味や香りに特徴があり、若者や女性を中心に全国的に人気が広がっています。このクラフトビールについて、プレスリリースを集めました!

3月9日、女性をターゲットにしたクラフトビール専門店「Craft & Romance」が東京・吉祥寺にオープン!樽生クラフトビール約31種や手作り本格ピザが楽しめるプロダクトオブタイムグループのビア・ビストロ
2016年02月15日
https://www.atpress.ne.jp/news/90449

クラフトビールとクラフトピザの専門店「Craft & Romance」、東京・吉祥寺の駅前にオープンします。日本とアメリカを中心とする世界の日替わり樽生クラフトビール約31種の他に、手作り感のある料理を約50種類揃えました。

原宿に1日限定「マッチョクラフトビールバー」を飲み放題で
2016年02月09日
http://www.shibukei.com/headline/11375/

クラフトビールのイベントなどを手掛ける「東京クラフトビールマニア」、「マッチョ」をキーワードにしたイベント企画などを手掛ける「ハイ」が共催する同企画で、2月20日、21日限定の「マッチョCRAFT BEER BAR」がオープンします。マッチョで構成するエンターテインメントグループ「マッチョ29」のメンバー3人が店頭に立ち、それぞれの出身地で作られているクラフトビールを提供します。

クラフトビールは「代官山」から。キリンが若者に魅力発信
2016年02月04日
http://newswitch.jp/p/3492

キリンビールは東京・代官山のミニブルワリーやブルワリー子会社を通じて、クラフトビール事業を拡大します。ミニブルワリーで2015年は計13種のクラフトビールを発売したが16年は3倍強の40種に拡大、体験イベントや他のブルワリーとのコラボ企画なども強化します。ビール愛好家や若者向けに、参加型コミュニティーも立ち上げます。

クラフトビール好き必見!「よなよなエール」の公式ビアバルが吉祥寺に2016年3月オープン!
2016年02月01日
http://www.asoview.com/article/area/are0138000/7518/

よく「水曜日のネコ」「インドの青鬼」「東京ブラック」「ハレの日仙人」にしられてる人気のクラフトビール「よなよなエール」、吉祥寺に「YONA YONA BEER WORKS 吉祥寺店」オープンします。この店舗に飲めるクラフトビールは、「よなよなエール」をはじめとした、ヤッホーブルーイング社が製造している10種類以上です。クラフトビール好きにはたまらないお店となりそうです。

四ツ谷にハンバーガーとクラフトビールの店
2016年01月18日
http://ichigaya.keizai.biz/headline/2306/

店主の野本真希(まさき)さんは、グルメバーガーの名店「FIRE HOUSE」(文京区本郷)で6年間の経験を積み、今回の独立開業にこぎ着けた。店内のメニューは個性派バーガーを中心にそろえてます。 ドリンクは、アメリカンクラフトを中心に、ドラフトビールを6タップ用意しています。

ストリングスホテル東京インターコンチネンタルに、バブルズドリンクを提供する「バブルズバー」がオープン!
2016年2月12日
http://www.vogue.co.jp/lifestyle/news/2016-02/15/intercontinental-strings

ストリングスホテル東京インターコンチネンタルに、新店舗「バブルズバー」がグランドオープンしました。「A lively, sparkling Bar」をコンセプトに、「バブルズ(泡の立つ)ドリンク」を中心に提供します。国産クラフトビールはもちろん用意してます。フードの味も本格的で、バブルの相性がいいものを揃えてます。

SERVERS中田琢也氏がビアゼネラリストの福島茶坊主寿巳氏とタッグを組んだ注目の新業態、“クラフトビール×グリル料理”のカジュアルダイニング「135 TAVERN(135 タバーン)」が赤坂に11月16日オープン
2015年11月16日
http://food-stadium.com/headline/13736/

「居心地のいい空間で、サービス、料理、エンターテイメントのホンモノを提供する」というコンセプトを掲げるクラフトビールとグリル料理の135 TAVERNがオープンしました。同社は六本木や赤坂などの繁華街を中心に直営で7店舗を展開するほか、ハワイの人気パンケーキ店「49ers(フォーティーナイナーズ)」のフランチャイズ事業も行います。

麻雀×クラフトビール×ラムチョップ。新感覚の無料麻雀バル「Jannabeer(ジャンナビア)」が4月16日、新橋・マッカーサー通りにオープン
2015年09月09日
http://food-stadium.com/headline/13736/

麻雀ゲーム「ジャンナビ麻雀オンライン」は企画運用する初の飲食店舗です。リアル麻雀の再発見を目的にしたアンテナショップ的な意味合いを持ち、ゲームを完全無料で提供です。プレイ中でも気軽に麻雀を楽しむことができます。従来の飲食店舗のイメージを大きく覆して、バルのメニューも幅広く用意しています。若い世代や女性客など幅広い層に麻雀と親しんでもらうための新感覚「麻雀バル」です。

四ツ谷を中心に赤坂、新宿で店舗展開する注目のライナ初のビール業態。新宿御苑にある牛タン×クラフトビールの人気店「Vector Beer (ベクタービア)」のならびに、ビアスタイル「IPA」に特化した2号店「Vector Beer Factory(ベクタービアファクトリー)」が2014年12月にオープンし、相乗効果をあげる。
2015年06月10日
http://food-stadium.com/headline/12857/

四ツ谷を中心に赤坂、新宿でバル業態や日本酒業態を計10店舗運営し、注目されているライナがビール業態2店舗目となる「Vector Beer Factory(ベクタービアファクトリー)」をオープンしました低価格帯で提供し、ビールは統一価格グラス(280 ml 450円)とパイント(540ml 750円)です。醸造所との直接仕入れのパイプを作っています。

30種類のクラフトビールが均一価格480円。「CRAFT BEER MARKET(クラフトビアマーケット)」の5店舗目が、高円寺に11月29日オープン
2014年11月28日
http://food-stadium.com/headline/002997/

虎ノ門、神保町、淡路町、三越前に続く、高円寺に30種類のクラフトビールをグラス1杯(250ml)480円、パイント780円の均一価格で提供し、新しいスタイルのクラフトビール専門店をオープンします。特徴は、品質はそのままに低価格提供を実現させたことだけでなく、ほかの店舗に異なるフードメニューやビールを提案してます。ビールのセレクトも常連客の好みや要望を取り入れています。