鮎正宗(あゆまさむね)[鮎正宗酒造:新潟県]

初代が良質の湧き水を見出す

明治8年(1875年)創業の同蔵元は、新潟県妙高市の山あいに位置する猿橋地区で、「鮎正宗」をはじめとする酒を醸しています。初代が良質の湧き水を見出したことに端を発し、以来、同じ湧き水を使っています。

殿下の鮎釣りをきっかけに

代表銘柄「鮎正宗」の名は、昭和初期、リゾート地として名高い妙高高原町(現・妙高市)に滞在した若宮博義殿下が、近くの清流で鮎釣りをしたことをきっかけに名付けられました。

高原リゾート地は有数の豪雪地帯

国内屈指の高原リゾートとして知られる妙高市は、温泉やスキー、登山やトレッキングが楽しめる自然豊かな地域です。

標高数千メートルの山々に囲まれた山峡の地・旧新井地区は、冬ともなれば県下有数の豪雪地帯で、町全体が大量の雪にすっぽりと包まれますが、清潔な空気と身を切る寒さは酒造りにはうってつけ。うまい酒を醸す条件が整っています。

自然湧出する湧き水を仕込み水に

酒造りに欠かせない仕込み水は、妙高山(標高2454メートル)に源を発する清冽な伏流水です。同蔵元の敷地内には、創業当時から枯渇することなく湧き水が自然湧出しています。初代の名を冠した「彦左衛門の水」は言わば蔵元の財産であり、現在でも毎時6トンもの水量を誇るというから驚きです。

寒仕込みで酒を醸す

冬季、優に2メートルを超える積雪を記録する山峡の地・旧新井地区では、自然の摂理にならった「寒仕込み」で酒が醸されています。

酒米の蒸し方にもひと工夫

同蔵元は、「駆け抜け法」または「吹き抜け法」と呼ばれる手法で酒米を蒸しています。1粒1粒を潰すことなく蒸し上げる方法で、発酵が均一に進むというメリットがあります。手間暇を惜しまず、酒造りに徹する蔵人のこだわりが見てとれます。

ていねいに仕込まれた品のいい味わい

豊かな自然環境の中で醸された「鮎正宗」は、やわらかでやさしい味わいが特徴です。湧水仕込みの酒は口あたりがサラッとしていて、ほんのりとした甘さが身上。ていねいに仕込まれた酒は、品のいい味わいに仕上がっています。

本格米焼酎や甘酒も

同蔵元は「鮎正宗」など日本酒の他に、本格米焼酎「輪月」や甘酒「玄気の舞」なども手がけています。どちらのラインナップも自然湧出する湧き水と、こだわりの米を使用しています。