東一(あづまいち)[五町田酒造:佐賀県]

吟醸蔵にシフト。注目株の酒蔵に

大正11年(1922年)創業の五町田(ごちょうだ)酒造は、初代・瀬頭平次氏が瀬頭酒造から分家して創業しました。近年、「米から育てる酒造り」をモットーに吟醸蔵に移行した同蔵元は、地元のみならず全国区で高い評価を受けるなど、注目株の酒蔵の一つです。

代表銘柄「東一」の名の由来

代表銘柄「東一」の名前には、「東洋一」という蔵元のストレートな思いが込められています。

寒暖の差が激しい盆地での酒造り

五町田酒造は、九州を代表する米処・佐賀県で銘酒「東一」を醸しています。同蔵元のある嬉野市塩田町は、有明海にほど近い県西南部に位置し、三方を山に囲まれた盆地です。寒暖の差が激しい同地は稲作をはじめとする農業が盛んで、酒造りにも最適な地です。

銘酒「東一」を醸す仕込み水は、市内を流れる清流・塩田川の伏流水。古来より田畑を潤してきた水は、酒造りにも欠かせません。

早くから「山田錦」の自社栽培に取り組む

昭和63年(1988年)、五町田酒造は「吟醸蔵」にシフトするために、蔵人自ら酒造好適米「山田錦」の栽培を始めました。その理由は当時、「山田錦」は佐賀県内では手に入りにくかったからです。

それまで「山田錦」の栽培は兵庫県以外では難しいとされてきましたが、蔵人たちの努力と工夫によって見事成功。平成2年に行われた全国新酒鑑評会で、自社栽培の「山田錦」で醸した大吟醸酒が金賞を受賞。永年の努力が報われました。

現在では、いち早く自社栽培に取り組んだ酒蔵として、九州全域の酒蔵から一目置かれる存在です。五町田酒造は「山田錦」以外にも、佐賀県オリジナルの酒造好適米「さがの華」や「レイホウ」などを自社栽培しています。

「九州随一」の技術で醸す「東一」

精米技術や醸造技術は「九州随一」と称される五町田酒造。自社精米した酒米を蒸す甑(こしき)に工夫を凝らすほか、吟醸蔵用の仕込みタンクの底を三角状に改造するなど、製造工程の随所に独自の設計が施されています。

「山田錦」の味わいを引き出した定番酒

「東一 山田錦 純米酒」は、自社栽培した「山田錦」の持ち味を引き出した定番酒で、角の取れたまろやかな味わいが身上。冷やはもちろんぬる燗でも、米のうま味が存分に伝わってくる一本です。