忠愛(ちゅうあい)[富川酒造店:栃木県]

大正初期に創業

富川酒造店の創業は大正2年(1913年)。精米を生業としていた初代当主が、当時の庄屋から酒蔵を借り受けて、100石余りの酒を醸して世に出したのが、蔵元の歴史の始まりです。

代表銘柄「忠愛」の名の由来

同蔵元の銘柄に、主力ブランドの「忠愛」があります。忠愛の名前は、初代当主の名前が「忠吉」といい、その一文字をとって本人自らが名づけたそうです。

モットーは「地でとれた米と水で」

富川酒造店は「地でとれた米と水でおいしい地酒を醸す」という理念のもとに、新潟杜氏の指導を受けつつ、昔ながらの手造りによるていねいな技術を駆使し、美酒「忠愛」ブランドを醸しています。

毎年春には酒蔵まつりを開催

「忠愛」をもっと身近に感じてほしいという思いを込めて、毎年3月には酒蔵祭りを開催しています。普段は見ることができない蔵を一般公開し、蔵人の説明も聞くことができます。

また、この日にしか購入できない限定酒もあるほか、けんちん汁や餅などの手料理も用意しており、舌鼓を打ちながら銘酒「忠愛」を味わうことができます。

矢板市の南端、荒川のほとり

富川酒造店は栃木県矢板市の最南端の大槻という、昔ながらの田園風景と旧家が並ぶ集落の一角に蔵を構えています。日本名水百選の尚仁沢湧水を支流に持つ荒川が流れ、また、遠くに日光連山、近くに高原山を仰ぐ山紫水明の地であり、恵まれた環境で酒を醸しています。

原料米を厳選した新ブランドを開発

平成13年、富川酒造店は時代に即した新ブランド「富美川」の製造を開始しました。特に原料米にこだわって醸しており、深みと厚みを備えた香り高い味わいが評判です。「富美川 特別純米 無濾過生原酒」は、まろやかなうま味とキリリとした辛みが堪能できる自慢の一本です。

米の特製を知り尽くした発酵技術

日本酒の味わいの決め手となるのは米です。同蔵元では、酒米を麹菌の酵素によって糖分に変え、そこに酵母を加えて発酵させる技術を忠実に守り続け、伝統的な酒造りを行っています。

華やかな香り、逸品ぞろい

富川酒造店が誇る渾身の一本が「忠愛 大吟醸 哲心(てっしん)」です。全国新酒鑑評会で3年連続で金賞を受賞した実績を誇ります。華やかな香りとキリリとした味わいの極上酒です。

このほかにも逸品がずらり。蔵元当主自らが育てた酒造好適米「灘錦」をふんだんに使ったフルーティーな純米吟醸酒「花子」、すっきりとした辛さが人気の「雷様」、原酒「蔵出し」などもおすすめです。