大雪渓(だいせっけい)[大雪渓酒造:長野県]

地元・安曇野で愛される銘酒

明治31年(1898年)、大雪渓酒造元の前身となる池田醸造合資会社が創業。当時は「桔梗正宗」や「晴光桜」のブランド名で地酒を醸していました。以来今日まで、地元・安曇野で親しまれ、愛され続ける銘酒を造り続けています。

ブランド名を「大雪渓」に刷新

戦後間もない昭和24年(1949年)、ブランド名を「大雪渓」に刷新しました。その後、全国新酒鑑評会で最優秀賞を受賞し、話題となりました。また、天皇献上酒にも選ばれるなど、ていねいな酒造りは皇室のお墨付きです。

日本三大雪渓の名にちなんで

代表銘柄「大雪渓」は、日本三大雪渓の一つに数えられる北アルプスの「白馬大雪渓」(北安曇郡白馬村)にちなんで名付けられました。

北アルプスの雪解け水で「大雪渓」を醸す

北アルプスの山麓に広がる信州安曇野は、3000メートル級の山々と、豊かな自然環境が魅力です。冬の間に降り積もった雪は、やがて地中深くまで浸透し、長い時間をかけて涵養され、伏流水となって下流域を潤します。大雪渓酒造はこの北アルプスの雪解け水を自社の井戸から汲み上げ、地場で採れた米を原材料に「大雪渓」を醸しています。

契約農家が栽培する酒造好適米

地元の契約農家が栽培する酒造好適米「美山錦」と「ひとごこち」を使い、「大雪渓」を醸しています。先に触れたように、酒の仕込み水は北アルプスの雪解け水。米と水のうま味がほとばしる、飲み飽きない酒に仕上がっています。

蔵人たちが手作業で醸す「大雪渓」

昔ながらの酒造りを踏襲する同蔵元は、老若男女さまざまな顔ぶれの蔵人たちが協力し、ほぼすべての工程を手作業で行っています。蔵人がこだわる「普通の酒」は、清酒酵母「協会701号酵母」によって醸され、米本来のうま味を感じるふくよかな味わいが身上です。

各種コンテストで受賞

代表銘柄「大雪渓」のラインナップは、国際ワインコンテストの日本酒部門ほか、全国新酒鑑評会、スローフードジャパン燗酒コンテスト、長野県清酒品評会などで数々の賞を受賞。国内のみならず海外からの支持も厚く、年々評価が高まっています。その勢いはとどまるところを知らず、快進撃はこれからも続く予感。若手杜氏が醸す信州安曇野の酒は、次なるステージを視野に入れています。