大信州(だいしんしゅう)[大信州酒造:長野県]

蔵の統合で新たに生まれ変わる

大信州酒造の前身は明治21年(1888年)、「原田屋酒造店」として創業しました。以来、信州・松本で地酒を醸してきましたが、昭和23年(1948年)に周辺の造り酒屋が統合する形で「大信州酒造」として生まれ変わりました。

醸造場「豊野蔵」で酒を醸す

大信州酒造の本社は松本市郊外の田園風景の中にあり、瓶詰めや貯蔵を行う「松本工場」のほか、大信州ブランドの専売所「原田屋」を併設しています。酒を醸す醸造場「豊野蔵」は、自然豊かな長野市内(旧豊野町)にあるなど、統合によって生まれた経営環境を酒造りに生かしています。

「大信州」の名の由来

代表銘柄「大信州」の名は、信州の天からの恵み、大自然の恵みを表現しています。

四方を名峰に囲まれた醸造環境で

最高峰は優に標高3000メートルを超える北アルプス連峰。四方を名峰に囲まれた環境は、昼と夜の寒暖の差が大きく、また、特に冬季は気温や湿度が低いという特徴があります。こうした気候は稲作をはじめ農業に向いているほか、酒造りにも最適であることは言うまでもありません。銘酒「大信州」はこうした環境の中で醸されています。

「ひとごこち」や「金紋錦」をメインに

同蔵元は、長野県オリジナルの酒造好適米「ひとごこち」や「金紋錦」をメインに「大信州」を醸しています。地元の契約農家が栽培した酒米は安心・安全のお墨付きで、それを自家精米するなど、品質へのこだわりは徹底しています。

「蒸す」工程に細心の注意を

手間暇を惜しまない酒造りを身上とする大信州酒造は、「一に蒸し、二に蒸し、三に蒸し」を酒造りのモットーとして掲げています。酒米を蒸す工程に細心の注意を払うのはもちろん、契約栽培米をあえて自家精米するなど、前工程である原料処理にもとことんこだわっています。

無濾過のまま冷蔵貯蔵

自家培養酵母で酒を醸す同蔵元は、普通酒から高級ラインの酒まで、大吟醸の酒造りと同じ手法を取り入れています。また、米のうま味や香りを引き出すために、仕込んだ酒のほとんどは無濾過のまま瓶詰めされ、冷蔵貯蔵しています。その証拠に「大信州」をはじめとする酒の色は、透明とは趣を異にするほんのり山吹色。野趣溢れる風情は大信州〝らしさ〟といえるかもしれません。

リンゴのようにフルーティー

「大信州」の味わいはリンゴのようにフルーティー。品のいい口あたりは「軽快」という表現がぴったりです。