麓井(ふもとい)[麓井酒造:山形県]

生酛造りにこだわる

明治27年(1894年)創業。当時は、地域を治める藩主・酒井家の分家から酒造りの指導を受けていました。現在は、酒造りの大半を「生酛(きもと)造り」で酒を醸す蔵元として、日本酒ファンを中心に全国に知られています。

代表銘柄「麓井」の名の由来

蔵が鳥海山麓に広がる庄内平野に位置することから、山麓を表す「麓」と、藩主である酒井家の「井」を合わせて、「麓井」と命名されました。

水と空気に恵まれた環境で

「麓井」の製造元はも鳥海山のお膝元である庄内平野の北端(酒田市)に位置し、豊かな水と澄んだ空気に恵まれた環境です。温暖湿潤な気候は東北地方随一の穀倉地帯を形成し、酒造好適米の生産も盛ん。凍てつく冬の季節風が、うまい酒を醸します。

涵養された水が麓(ふもと)まで

山形県と秋田県にまたがり、国内有数のブナの原生林が広がる鳥海山(標高2236メートル)。地中深くまで浸透した雪解け水は、長い時間をかけて涵養され、酒造りに最適の仕込み水になります。この水質の良さが、生酛造りで醸される「麓井」の味わいを左右すると言っても過言ではありません。それほどに、クォリティーの高い水に恵まれた地域です。同蔵元では、敷地内の井戸から湧き出でる水を無濾過のまま、すべての工程で使用しています。

厳選した酒米を使用

山形県オリジナルの酒造好適米「出羽燦々」を筆頭に、「美山錦」や「山田錦」、「雄町」など、厳選に厳選を重ねた酒米を使用しています。

昔ながらの生酛造りで醸す

同蔵元は、天然の乳酸菌を利用した「生酛造り」で酒を醸しています。天然酵母の力強さを存分に引き出すことで、華やかで力強い味わいの酒を生み出します。

銘醸地・山形を代表する酒

かつて全国新酒鑑評会で5年連続金賞受賞を果たした「麓井の圓(まどか) 大吟醸」は、自他ともに認める代表作です。長期低温発酵により引き出された深い味わいは、他に類を見ない実力派の酒。銘醸地・山形を代表する酒と言っても過言ではありません。

気軽に楽しめる人気の一本

「麓井の圓(まどか) 生もと純米本辛」は、そのリーズナブルな価格帯から、生酛造りの酒の醍醐味を手軽に味わえるラインナップとして人気があります。コクとキレのバランスが秀逸で、ぬる燗でも冷やでもお好みで。料理の味わいを引き立てる名脇役です。