雅山流(がさんりゅう)[新藤酒造店:山形県]

地酒ブームの火付け役

 明治3年(1870年)、第五代・新藤九郎左衛門が創業した新藤酒造店は、現在、地酒ブームの火付け役として、全国にその名を知られています。きっかけは昭和58年(1983年)に発売された高級プレミアム酒「九郎左衛門」でした。首都圏を中心に日本酒ファンの間で評判となり、それをきっかけに地酒ブームが巻き起こりました。

「雅山流」のごとく自由な発想で

 「雅山流」の名は、物事にとらわれず、自由な発想で酒造り取り組むという蔵人の決意の表れです。地酒ブームの火付け役が、今一度地酒の意味を見直し、考え直した末に誕生したブランドといえるでしょう。

酒造りに最適の自然環境

 周囲を山で囲まれた米沢市は、古より米づくりが盛んです。また、吾妻山系の伏流水が大地を潤し、地域の農業や食文化を育んできました。酒造りもその一つ。冬の厳しい寒さは酒づくりに最適です。

伏流水と地元産の酒米

 自社の井戸から湧き出でる水は、吾妻山系の清冽な伏流水です。また、酒造好適米は地元産をメインに使うほか、自社の田んぼでも酒米を栽培。「雅山流」など豊富な商品ラインナップに合わせて使い分けています。

固定観念にとらわれない酒づくりを

 酒造りの固定観念にとらわれず、あくまでも我流を重んじた、自由な発想での酒づくりを実践しています。まさに代表銘柄「雅山流」そのものです。

独自の商品ラインナップ群

 「雅山流」を手がける同蔵元は、一般への小売り販売は行わず、また、酒蔵見学等も一切受け付けていません。商品ラインナップも個性的で、例えば「九郎左衛門シリーズ」は一般流通向けで、特定の酒販店のみで数量限定発売されます。地酒専門店用には「雅山流・裏雅山流シリーズ」があり、全国およそ100の地酒専門店で取り扱っています。また、「千山万水シリーズ」は業務用酒販店向けとなっています。

 その他にも、「雪国慕情シリーズ」(一般流通向け)、「羽陽不久鶴シリーズ」(一般流通向け)、「泉氷艦・真泉氷艦シリーズ」(地酒専門店用)があります。いずれのシリーズも、スーパーやディスカウントストアなどでは取り扱っていません。