義侠(ぎきょう)[山忠本家酒造:愛知県]

飲んでうまい酒造りを目指して

江戸中期に創業した山忠本家酒造はかつて、日本酒の鑑評会で金賞を度々受賞していました。その名を全国に轟かせていましたが、現在の十代目当主のころから大きく方向転換。賞を獲ることよりも「飲んでうまい酒」造りを主眼に、全量を純米仕込みに切り替え、小仕込みで醸すようになりました。

蔵元の信念を「義侠」の名に込めて

「義侠」を辞書で引くと「困っている人を見捨てられずに、その人のために何かをしようとする気持ち」とあります。明治時代、酒の価格が急騰した時期がありましたが、このとき同蔵元は、小売商との契約を当初のままとし、採算にこだわらず酒を出荷し続けました。こうした蔵元の確固とした信念と思いやりのある行動が、代表銘柄「義侠」の名に込められています。

日本酒ファン垂涎の銘柄に

「義侠」ブランドは品質確保と安定供給を主眼に、同蔵元の了解を得た酒販店のみで直売されるなど、日本酒ファン垂涎の銘柄とされています。明治時代に端を発する、小売店との信頼関係は今もなお引き継がれています。

清流・木曽川の伏流水で「義侠」を醸す

愛知県西部に位置する愛西市は、清流・木曽川を始め多くの河川が流れ、水との関わりが深い地域です。同蔵元は、遠く長野県の木曽御岳周辺の山々に源を発する伏流水を仕込み水に、銘酒「義侠」を醸しています。

厳選された最高品質の酒米で

山忠本家酒造が使用する酒造好適米「山田錦」は、生産地としてはトップクラスの兵庫県特A地区産です。この他に、富山県産の「五百万石」を使用しています。同蔵元は、厳選された最高品質の酒米2種を全量自家精米し、銘酒「義侠」を醸しています。

手仕込みの酒をじっくり低温貯蔵

吟醸酒などの高級ラインの酒は、蓋麹法(ふたこうじほう)と呼ばれる昔ながらの手法で醸されます。同時に、高級ラインの酒は一本ごとに瓶に詰めて低温貯蔵。ゆっくりと時間をかけて熟成させ、うま味を引き出します。

熟成酒のブランド化に重きを置く

山忠本家酒造は早くから熟成酒のブランド化に重きを置いてきました。山田錦で醸した純米吟醸酒を3年以上にわたって低温熟成させ、ストックされた数種類の古酒の中からブレンドしてつくったのが「義侠 慶(よろこび) 純米大吟醸酒」です。