八海山(はっかいさん)[八海醸造:新潟県]

よりよい酒を多くの人に

大正11年(1922年)創業。名実ともに新潟県を代表する造り酒屋の一つで、創業以来一貫して「よりよい酒をできるだけ多くの人に」をモットーにしてきました。吟醸酒や大吟醸酒を手がける一方で、その製法技術をスタンダードな本醸造酒にも応用。手軽に飲める「普段着の酒」づくりにも注力しています。

霊峰・八海山に由来

代表銘柄「八海山」の名は、越後駒ヶ岳、中ノ岳とともに「越後三山」の一つに数えられる八海山(標高1778メートル)に由来します。古くから山岳信仰の対象だった霊峰・八海山は、地域を代表するランドマークです。

地酒ブームの火付け役に

「八海山」の名は日本酒ファンならずとも、一度は耳にしたことがあるはず。地酒ブームの火付け役となった「八海山」は、日本酒の代名詞と言っても過言ではありません。

豪雪地帯の環境特性を生かす

国内でも指折りの豪雪地帯として知られる南魚沼市。同蔵元は霊峰・八海山を背景に、広大な田園に囲まれた中にあります。特に冬季は、街全体が数メートルもの雪に覆われますが、常に低温状態の環境は雑菌の繁殖を抑えるなど、酒造りにはうってつけです。

酒造りに適した超軟水

八海山に源を発する清冽な伏流水は、「雷電様の清水」と呼ばれるなど、酒造りに適した超軟水です。同蔵元では、地中深くから湧き出でる豊富な天然水を仕込み水に使ってきました。良質の水は、雪融け水のような淡麗な酒質を醸し出します。

本醸造酒でも吟醸造りに徹する

何事にも手間暇を惜しまない酒造りをモットーとする同蔵元は、例えば本醸造酒(清酒)であっても手を抜きません。吟醸酒並みの精米歩合まで原料米を磨き、手作りの麹(こうじ)を使い、長期低温発酵醸造でじっくりと。吟醸造りに徹しています。

最新鋭の生産拠点と低温貯蔵施設

理想とする酒の品質と生産量を具現化するため、最新鋭の生産拠点「第二浩和蔵」を平成16年に設立しました。また、平成25年にオープンした「八海山雪室」は、冬季に降ったおよそ1000トンの雪を使って商品を低温貯蔵する施設です。環境にも配慮した雪国ならではの建物内は、年間を通して4℃に保たれています。

モットーを体現した定番銘柄「八海山」

「清酒 八海山」は蔵元のモットーを体現した定番銘柄です。普通酒にも関わらず、原料米を60%程度まで磨き、じっくりと低温発酵で醸しました。淡麗かつすっきりとした味わいは食中酒に最適です。