初孫(はつまご)[東北銘醸:山形県]

東北地方屈指の港町

明治26年(1893年)、東北地方屈指の港町・酒田市で廻船問屋を営んでいた初代が酒造りを学び、創業した蔵元です。創業当時は「金久(きんきゅう)」という銘柄を手がけていました。

万人に愛される酒「初孫」

昭和初期、当家・佐藤家に長男が誕生したことをきっかけに代表銘柄を「初孫」と改称。万人に愛され、よろこばれる酒にしたいとの思いが込められています。

近代的な設備と伝統技法で

平成6年、同蔵元は創業100周年を記念して製造工場を移転(酒田市十里塚字村東山)しました。近代的な設備の中で、伝統的な「生酛(きもと)造り」を実践しています。

同時に、すべての工程において適切な温度管理をするための冷蔵システムを構築。「初孫」をはじめとする各銘柄のうまさと鮮度を保つために、貯蔵にもとことんこだわっています。

東北地方随一の穀倉地帯

どこまでも田園風景が広がる酒田市は、東北地方随一の穀倉地帯です。米づくりに水は欠かせません。同地は良質の地下水に恵まれていることから、古より酒・味噌・醤油がつくられてきました。

同蔵元のある庄内地方は、老舗も含めて十数軒の造り酒屋がひしめき合ういわば「酒蔵地帯」。それぞれに高い技術力を駆使し、東北地方を代表する看板銘柄「初孫」を醸しています。

低温長期発酵向きの酒米

長野県で生まれた酒造好適米「美山錦」は、低温長期発酵に向いた酒米として、山形県・秋田県・岩手県などの蔵元の酒造りに欠かせません。

天然酵母の力強さが生きる

同蔵元は創業以来一貫して、天然の乳酸菌を利用した「生酛造り」に徹してきました。古より伝わる伝統技法に則った酒造りは、天然酵母の力強さを存分に引き出し、「初孫」をはじめ個性的な味わいの酒を生み出しています。創業当時より本醸造も含めたすべての銘柄を生酛造りで醸しています。

手間暇かけた低温長期発酵

じっくりと時間をかけ、低い温度で醪(もろみ)を発酵させる低温長期発酵にこだわっています。

「初孫」の繊細かつ個性的な味わい

「初孫」は、生酛造りならではのコクと奥行きのある味わいが身上。低温長期発酵による淡麗、かつ、きめ細かな味わいです。ふくよかな余韻を感じますが、後味はことのほかすっきり。「初孫」は燗酒にも適する繊細かつ個性的な味わいで、多くの日本酒ファンを唸らせてきました。