飛露喜(ひろき)[廣木酒造本店:福島県]

九代目蔵元杜氏が醸す酒

江戸時代後期ごろに創業した同蔵元は、現在、九代目の蔵元杜氏が代を継ぎ、吟醸規格のみの酒を醸しています。代々醸されてきた「泉川」は同蔵元を代表する銘柄で、現在は福島県内のみで流通。地元民の支持も厚い、会津を代表する酒です。

喜びの露が飛ぶ酒は入手困難

平成11年に発売された「飛露喜」は、特に地酒好きの間で評価の高い銘柄で、地酒ブームの火付け役とされています。希少価値の高い銘柄のため売り切れ御免もしばしば。その人気の高さから地元でも品薄状態が続くなど、「飛露喜」は現在でも入手困難な酒の一つです。

「廣木」の当て字と思われる銘柄は、「喜びの露が飛ぶ」といった情景を表現しています。たった3文字の中に、酒造りに対する自信と、蔵人の思いが込められています。一時は廃業を検討していた蔵元は、この「飛露喜」の人気によって復活を遂げました。

会津盆地は広大な穀倉地帯

寒暖差の激しい会津盆地は冬季の積雪も多く、1メートル以上の雪を記録することも珍しくありません。盆地特有の肥沃な大地と豊富な水は米づくりにうってつけで、コシヒカリを始めとする広大な穀倉地帯がどこまでも続きます。

歴史街道に面した蔵の町で

会津盆地の西部に位置する会津坂下町はかつて、会津と新潟を結ぶ「越後街道」の宿場町として栄えました。現在でも蔵の街並みが残り、同蔵元を含む数軒の造り酒屋がこだわりの酒を醸しています。

地元で採れた米で酒を醸す

蔵人のこだわりは「地元の匂いがする酒」。その多くに、会津坂下町や隣接する喜多方市で採れた酒米を使っています。

緻密に管理された生産工程

「飛露喜」をはじめすべての商品が限定吸水、超低温発酵、低温熟成によって醸されています。限定吸水とは、原料米の洗米時などに水を吸水しすぎないよう時間を制限すること。主に吟醸酒など高級ラインの製造時に行われる方法です。

唯一通年出荷される定番品

「飛露喜 特別純米」はシリーズの中で代表的な銘柄です。通年出荷される商品はこれだけで、いわば定番中の定番です。うま味や酸味、甘味など味のバランスに優れ、ふくよかで品のある香りも申し分ありません。食中酒はもちろん、酒だけでも飽きずに飲み続けられる、完成度の高い銘柄です。