豊盃(ほうはい)[三浦酒造:青森県]

民謡の名に由来

青森県南西部の弘前市で酒を醸す同蔵元は、昭和5年(1930年)の創業。今も昔も家族経営を中心に、小仕込みに徹する酒蔵です。代表銘柄「豊盃(ほうはい)」は、津軽地方に伝わる民謡「ホーハイ節」に由来。長い間地元住民に愛され続けてきた地域の酒は、最近、「入手困難な日本酒」の一つとして全国から注目を浴びるようになりました。

蔵元の新時代が始まる

 かつては津軽杜氏や南部杜氏たちによって醸されてきましたが、平成に入って蔵元杜氏が酒を醸すようになりました。平成11年、三浦家の兄弟が若くして蔵に入ることを決意し、ここから同蔵元の新時代が始まります。

ファーストクラスでも

試行錯誤を繰り返しつつ、本物の酒造りを目指した兄弟の仕事は、やがて全国新酒鑑評会で評価されるようになりました。その独自の酒造りが注目され、知名度もグーンとアップ。平成23年、「豊盃」はJAL(日本航空)の国内線ファーストクラスで提供されるようになりました。

豊かで清らかな伏流水

同蔵元は東に八甲田連峰、西に岩木山、南に白神山地が連なる自然豊かな場所にあります。酒の仕込み水は、「津軽富士」とも呼ばれる岩木山、そして、赤倉山に源を発する伏流水です。

豊盃米の契約栽培は全国唯一

酒米は青森県が開発した酒造好適米「豊盃米」を使用しています。実はこの酒米、一時期は生産が落ち込んで「幻の米」とされていましたが、同蔵元が酒米として復活させました。豊盃米を農家に委託して栽培しているのは、全国でも同蔵元だけとされています。同蔵元ではこのほかにも、地元青森の「華咲雪」「華想い」のほか、秋田県や兵庫県、岡山県産の酒米を使用しています。

こだわりは全量自家精米

米のうま味を引き出すために、全量自家精米を実践しています。蔵人自ら、巨大な精米器で手間暇をかけて丹念に、米を磨き上げています。

飲みやすい新世代の酒「豊盃」

新世代杜氏が手がける「豊盃」は、その味わいも進化形です。豊盃米の長所を存分に引き出したフレッシュかつ芳醇、フルーツのようなやさしい香りは、若者にも十分支持されるポテンシャルを有しています。

技術と感性で醸す

人気銘柄の「豊盃 大吟醸」は、二人の兄弟の技術と感性で醸した自信作。山田錦を40%まで磨き上げた奥深い味わいと、華やかな香りが身上。「入手困難な日本酒」として珍重されています。