蓬莱(ほうらい)[渡邊酒造店:岐阜県]

「蓬莱」を醸す飛騨古川の名門

岐阜県の最北端・飛騨市古川町は、北アルプス連峰や飛騨山脈などの山々に囲まれた古川盆地に位置しています。古い商家が建ち並ぶ詩情豊かな街並みは、作家・司馬遼太郎をして「飛騨古川の町並には、みごとなほど、気品と古格がある(中略)」と言わしめました。

明治3年(1870年)、同地で酒造りを始めた渡邊酒造店は、創業以来連綿と、地域の人々に愛され、親しまれる飛騨の酒「蓬莱」を醸しています。

人々に喜びを与えるうまい酒

酒造り始めたのは当家の五代目でした。醸した酒が人々の評判を呼び、美酒に酔って謡曲を謡い、その中に出てきた「蓬莱」という言葉を銘柄名にしたとされています。また、「蓬莱」は仙人が住む不老長寿の桃源郷を意味しています。

井戸から汲み上げる飛騨の銘水

渡邊酒造店のある飛騨古川の地は、標高3000メートルを越える山々に囲まれ、冬ともなれば深い雪に閉ざされる豪雪地帯です。数メートルを記録する積雪と、氷点下15℃以下になることも珍しくない厳寒の地ですが、微生物の力で醸す酒造りには最適の条件がそろっています。

同蔵元は、飛騨山脈に源を発するミネラル分の豊富な伏流水(中硬水)を仕込み水に使い、銘酒「蓬莱」を醸しています。

岐阜県の酒米「ひだほまれ」を中心に

同蔵元が使う酒米は、岐阜県オリジナルの酒造好適米「ひだほまれ」が中心です。大粒でタンパク質分が少ないため吟醸酒など高級酒造りに向いています。

この他にも「山田錦」や「愛山」、「亀の尾」など、兵庫県や岡山県、秋田県の契約栽培米農家が手がけた酒米を使い、オリジナリティー溢れる新世代の酒造りに挑戦しています。

新旧が一体となった酒造り

渡邊酒造店はこれまでに、全国各地の銘醸地に足しげく通い、高度な醸造技術の習得に努めてきました。昔ながらの酒造りの技術を踏襲しつつ、ハード面も含めて最新鋭の設備・技術を取り入れるなど、新旧が一体となった酒造りを実践しています。

現在在籍している十数名の蔵人は、全員が杜氏レベルの高い技術を有する専門職人ばかり。日夜、技術の習得・向上に余念がありません。

世界に認められた「蓬莱」

平成26年に開催された世界最大規模のワイン品評会「インターナショナル・ワイン・チャレンジ」において、同蔵元の「上撰 蓬莱」が日本酒部門・普通酒の部で最高賞を受賞。飛騨の美酒「蓬莱」が世界に認められました。