鳳陽(ほうよう)[内ケ崎酒造店:宮城県]

創業350余年の歴史

 寛文元年(1661年)創業の内ケ崎酒造店は、奥州街道の宿場町に位置し、宮城県では最も古い造り酒屋として知られています。創業350余年の歴史をひも解くと、かの伊達政宗公の命によって創業に至ったとか。慶応年間に建て替えられた蔵は、長い歴史を物語る地域の財産です。

家運の隆盛を願って

 代表銘柄「鳳陽」の名は、唐の時代の故事「鳳鳴朝陽(ほうめいちょうよう)」からの引用とされています。鳳凰が朝日に向かって鳴く様は天下太平の瑞祥とされ、その故事にあやかり、家運の隆盛を願ったものでした。

酒のコンテストで上位入賞

 「鳳陽」は全国新酒鑑評会での金賞受賞を皮切りに、燗酒コンテストやインターナショナル・サケ・チャレンジなどのコンテストで上位入賞。老舗酒蔵の実力をいかんなく発揮しています。

奥州街道の宿場町で醸す

 奥州街道の宿場町の一つだった富谷宿(現・黒川郡富谷町)に建つ白壁造りの建物は、地域の観光名所にもなっています。風情ある街並みは地域の文化遺産です。

仕込み水に適した硬水

 蔵の井戸からこんこんと湧き出る地下水は、酒の仕込み水に適した硬水です。代表銘柄「鳳陽」は、涵養された水と良質の酒米を原材料に、富谷地区の寒気に抱かれて醸されています。

受け継がれる伝統の寒造り

 腕利きの南部杜氏の手業から生み出される珠玉の一滴は、多くの日本酒ファンを虜にしてきました。「鳳陽」の味わいは、代々受け継がれる「寒造り製法」によって生み出されています。

傑作とされる豊かな吟醸香

 「鳳陽 大吟醸」は、米と水に徹底的にこだわり、少量生産に徹する同蔵元の傑作の一つ。平成26年全国新酒鑑評会で金賞を受賞しました。豊かな吟醸香としっかりとしたうま味が身上で、後味はすっきり、さわやかな品のある味わいです。白身の刺身や昆布締めなどの肴によく合います。

米づくりから手がけた限定酒

 同蔵元の会員だけが味わえる限定酒「蓑かくし」は、富谷地区で栽培した酒米「まなむすめ」を使って醸した意欲作です。田植えや稲刈りも会員の手により行われています。