十一正宗(じゅういちまさむね)[森戸酒造:栃木県]

創業は140年前の明治初期

「十一正宗」「本醸たかはら」「尚仁沢」を製造する、栃木県北部の造り酒屋です。森戸酒造の創業は、140年以上さかのぼる明治7年(1874年)。現在の当主は創業者から数えて五代目にあたります。

代表銘柄「十一正宗」の名の由来

森戸酒造の主力銘柄である「十一正宗」の名は、もともとの屋号だった「十一屋」に由来しています。「十一」は日本酒度の「一(マイナス)」=甘からず、「十(プラス)」=辛からずという意味を指しています。また、「正宗」という文字は「せいしゅ(清酒)」とも読めることから使われているそうです。

酒づくりのモットーは「品質本位」

同蔵元は、「飲み飽きしない、うま口な品質本位の酒」をモットーに、銘酒「十一正宗」ほかのシリーズを醸しています。

名峰・高原山を望む自然豊かな地で

同蔵元の場所は、栃木県矢板市の北部にある、泉という小さな集落です。那須連山の名峰・高原山の美しい雄姿を間近に望めます。周辺は農業が盛んで、清冽で豊富な伏流水に恵まれるなど、酒造りには最適の地です。

「地元づくし」の酒造り

森戸酒造は、酒米、水、酵母ともに、地元・栃木県産を使った酒造りを追求しています。特に県内外から好評を得ている純米吟醸酒の「十一正宗 尚仁沢湧水仕込み」は、酒米に栃木県産の「五百万石」を使用するほか、仕込み水には全国名水百選として人気が高い「尚仁沢湧水」を100%使っています。さらに酵母も、栃木県生まれの酵母「T-S」を採用。オール栃木の原材料で醸し上げた意欲作です。

地元産リンゴ酵母による酒造り

同蔵元は、昔ながらの手づくりの製法を大切にしながら、花酵母や扁平精米などの最新技術を融合させた、独自の酒造りに励んでいます。また、蔵元がある矢板市の長井地区は、県内では数少ないリンゴの産地として有名です。地域おこしを兼ねた新たな試みとして、長井で収穫したリンゴの花から採取したリンゴ酵母による酒造りにも取り組んでいます。

毎日の晩酌に最適の一本

「本醸造たかはら」は、その名の通り、高原山系の伏流水を仕込み水に醸した醸造酒です。軽快な飲み口が特徴で、飲み飽きしないスッキリとした味わいに仕上げています。冷やでもよし、ぬる燗でもよし。毎日の晩酌で楽しみたい一本です。