十四代(じゅうよんだい)[高木酒造:山形県]

400年の歴史とともに

高木酒造は山形県村山市に蔵を構えている、知る人ぞ知る蔵元です。創業は元和元年(1615年)、以来400年という長い歴史を積み重ねてきました。酒造りにおける理念は、「はじめから終わりまで、徹底的に手を抜かないこと」です。

入手困難な人気銘柄に

代表銘柄「十四代」は、日本酒のファンならば一度は耳にしたことがある人気銘柄の一つです。手ごろな値段で楽しんでほしいという蔵元の想いとは裏腹に、インターネットでは販売価格が高騰。遠隔地からの入手は困難な場合があります。

代表銘柄「十四代」の名の由来

もともとは古酒のことを「十四代」と呼んでいたそうですが、特許申請の際に「十三代」「十四代」「十五代」「十六代」という言葉を申請したところ、「十四代」だけが特許を取得できたのだそうです。

全国有数の豪雪地帯

高木酒造のある村山市は山形県の北部にあり、東北の屋根・奥羽山脈に抱かれた内陸部に位置する「村山地方」と呼ばれる地域です。夏は酷暑で冬は深い雪に埋もれ、全国でも有数の豪雪地帯として知られています。

敷地内で湧き出る仕込み水

酒蔵の敷地内で、地下25メートルからくみ上げている湧き水を、仕込み水として使っています。なめらかな味わいが特徴です。

単一の酒米でそれぞれの酒を醸す

数種類の酒米を混ぜて酒を醸す蔵が多い中、高木酒造は1種類の米で酒を醸す製法にこだわっています。原料米が持つ個性や特徴に合わせて、種類の異なる酒を醸しているのが特徴です。また、使用している米の銘柄をラベル表示することも、いち早く取り組んできました。

芳醇で豊かな甘みが大ブレーク

「十四代」の人気が出始まったのは、平成6年ごろとされています。当時の日本酒は「淡麗辛口」が主流でしたが、「十四代」は時代に迎合しない芳醇で豊かな甘みが堪能できる大吟醸酒を引っ提げて登場、大ブレークの波に乗りました。それから20年以上が経った現在も、人気が衰えることがありません。

緻密でていねい、高い完成度を誇る

緻密なほどにていねいな酒造りを身上とする高木酒造の酒は、どのラインナップを飲んでもおいしく、とりこになると評判です。あふれんばかりの透明感のある味わいは、他社の追随を許しません。

米の粒が大きいことで知られる酒米の王様「山田錦」を贅沢に磨き抜いて醸した「十四代 大吟醸」は、バナナやマンゴーのような南国のフルーツを彷彿とさせる甘美な香り。味わいも、熟した高級メロンにもひけをとらぬ極上の甘みに包まれます。一切の雑味を排除し、うまみを最大限に引き出している美酒です。