勝駒(かちこま)[清都酒造場:富山県]

富山県内で一番小さい酒蔵

明治39年(1906年)創業の同蔵元は、初代・清都慶介氏が日露戦争から帰国後、酒造りを始めたことに端を発します。清都酒造場は高岡市のまちなかにありますが、自他ともに認める「富山県内で一番小さい蔵」。小仕込みのていねいな酒造りは定評があります。

戦勝を記念して「勝駒」と名付けた

代表銘柄「勝駒」の名は、日露戦争から戻ってきた初代が、日本国の勝利を記念して付けたとされています。現在のラベルに書かれた力強い「勝駒」の書は、芸術家の池田満寿夫氏が手がけたもの。吟醸酒から普通酒まで、幅広いラインナップに採用されています。

国の登録有形文化財に指定

明治時代に建造され、今なお「勝駒」の仕込み蔵として現役の建物は、平成12年に国の登録有形文化財に指定されました。同蔵元は、こうした地域の歴史遺産を後世に残し、日本酒文化に触れる機会を提供しています。

城下町として栄えた歴史溢れる街並み

砺波平野の北西部に位置する高岡市は、富山県第2の都市として地域経済を牽引しています。かつては高岡城の城下町として栄え、歴史溢れる街並みが今なお残るなど、新旧が融合した地域です。

清都酒造場は、高岡市と射水市の市境を流れる一級河川・庄川の伏流水を使い、酒を醸しています。仕込み水はミネラル分がほとんど含まれていない軟水で、酒造りには最適とされています。

厳選に厳選を重ねた酒米

清都酒造場が使う酒造好適米は、厳選に厳選を重ねた「山田錦」や、地場産の良質「五百万石」などです。

良質の酒米を徹底的に磨く

良質の酒米を徹底的に磨くことで醸される「勝駒」の味わいは、香りとうま味が豊富。酒米の精米歩合の平均値は、北陸三県で富山県が最も高いとされています。

日々の家庭料理に合う酒を

清都酒造場が目指す酒は「日々の家庭料理とともに楽しめる酒」。暮らしに寄り添った日本酒の正統を目指しています。小仕込みでていねいに醸される酒には、米のうま味が凝縮。例えば、高精白によって醸された本醸造酒「勝駒 本仕込」は、高級酒にも匹敵する華やかな香りと深いうま味を有しています。燗酒でも常温でも冷やでも、気分に合わせて楽しめるなど、まさに「暮らしに寄り添う」ラインナップの一つです。