菊水(きくすい)[菊水酒造:新潟県]

明治期の創業

蔵元の創業は明治14年(1881年)。以来、高い品質を維持しながら、地酒「菊水」を醸してきました。現在は五代目が代を継ぎ、昔ながらの酒造りを継承しています。

代表銘柄「菊水」の名の由来

菊水酒造の代表銘柄「菊水」の名前の起源は、古典の『太平記』に出てくる能楽です。菊の露が天の甘露となって生きながらえることができたという物語で、菊の水は不老長寿をもたらすという意味にちなみ、酒銘「菊水」が誕生しました。

日本酒文化研究所

「日本酒とは、ただ味わうだけではなく、楽しむもの」と考える菊水酒造は、酒造りを通して豊かで楽しい暮らしを提案することを目的に「日本酒文化研究所」を立ち上げました。施設内には古くから伝わる酒器や文献などをそろえており、日本酒のおもしろさについてさまざまな角度から紹介しています。

北越後平野は酒造りに絶好の環境

菊水酒造が蔵を構える新潟県新発田市は、城下町としての歴史が長く、現在も市内のあちこちでその面影を見ることができます。南北には北越後平野が広がり、実りの季節には一面の黄金色の稲穂で輝き、良質の米が収穫されます。

また、加治川周辺には豊富な地下水脈があり、飯豊連峰の雪解け水を含む清冽な伏流水が流れており、酒造りに適した環境です。銘酒「菊水」はこのような環境で醸されてきました。

安全な原材米を見極める

酒づくりの原料である酒米には徹底した注意を払って使っています。それぞれの酒に使われている米が、いつ、どこで作られたものかを緻密にデータ管理。同時に、色彩選別機にかけることにより、不良米を除去し、酒造りにとって良い米だけを選別して使用しています。

常識にとらわれない先進技術の導入

菊水酒造には研究室があり、新商品の開発や容器についての開発など、商品価値に関する研究を進めているほか、原料の安全性確認や各製造工程での品質検査・分析を行っています。

また、昭和44年(1969年)4月、現在地に新酒蔵を新設。その3年後の昭和47年(1972年)に杜氏制を廃止しました。そして、先進的な機械設備を導入して合理化を推進するなど、伝統を尊重しつつも前例にとらわれない、時代に即した取り組みを続けています。

菊水晩酌三酒

「菊水の四段仕込」「菊水の辛口」「菊水の純米酒」の“晩酌三酒”は菊水を毎晩楽しみたい人向けのラインナップです。四段仕込はさらりとやわらか。辛口は同蔵元が他社に先駆けて開発を始めた自慢の味です。純米酒は濃醇なのに重くならない後味のよさがあります。また、ワンカップタイプの「ふなぐち 菊水 一番搾り」は生酒ブームの先駆け的存在です。

無冠の帝王

看板ブランドの一つ、「無冠帝(むかんてい)」は、うま味とコク、そして淡い苦みが溶け合った吟醸の生酒です。「地位や名誉にこだわらず、一方で、高い志を持っている」という、同蔵元が吟醸酒に対して抱く想いを「無冠の帝王」に重ね合わせて名づけた商品です。