國権(こっけん)[国権酒造:福島県]

特定銘柄酒だけを醸す酒蔵

明治10年(1877年)創業。小仕込みでていねいに醸す、酒処・会津を代表する造り酒屋の一つです。現在は「國権」をはじめ特定銘柄酒だけを醸す酒蔵にシフト。精米歩合の平均はおよそ55%です。その数字から、吟醸酒の製造に重きを置いていることがわかります。

明治維新後の時代背景の中で

「國権」といういささか政治的・権力的なニュアンスを感じる名称は、自由民権運動が盛んな明治維新後の時代背景が、少なからず影響しているとされています。その歴史をひも解くと、同蔵元の前身である細井醸造本舗に逗留(とうりゅう)していた僧侶が「國権」と名付けたとされています。

群を抜く、鑑評会の受賞歴

「國権」を筆頭に同蔵元が手がけた酒は、全国新酒鑑評会での金賞受賞をはじめ、地元・福島県内の鑑評会において県知事賞を受賞するなど評価が高く、その受賞歴は枚挙に暇がありません。

豪雪地帯の涵養された伏流水

県下でも豪雪地帯として知られる南会津地方の涵養された伏流水を仕込み水に使っています。

蔵人自ら米づくり

米どころとして知られる南会津産をはじめ、全国各地(秋田県、新潟県、富山県、長野県、兵庫県など)の良質な酒米を使用。銘柄によって品種や精米歩合を変えています。製造技術のみならず原材料へのこだわりも、うまい酒造りに欠かせないことから、地元では蔵人自ら米づくりに携わっています。

南部杜氏による伝統の酒造り

同蔵元は、南部杜氏による伝統の酒造りを継承しています。全国新酒鑑評会をはじめとする各種コンクールでの受賞歴が、その技術の高さを物語っています。

受賞歴を重ねる代表酒

「國権 特撰大吟醸」は、さまざまな鑑評会で受賞歴を重ねる代表酒です。一滴ずつ、袋絞り(袋吊り)によって抽出するなど、ほとんどの工程が手作業で行われています。

絞った後はおよそ1年間にわたり、低温でじっくりと熟成。気の遠くなるほど手間暇のかかった一本は、数量限定で希少価値も高く、入手困難な銘柄の一つです。

純米酒の決定版

「國権 純米吟醸」は、軽やかな香りと、純米酒ならではのしっかりとしたうま味が身上。限定品の「銀ラベル」と、お買い得感のある「銅ラベル」の2種類がラインナップ。フルーティーな香りとマイルドな口あたりは、食中酒としても最適です