黒龍(こくりゅう)[黒龍酒造:福井県]

江戸時代より酒を醸す老舗蔵


文化元年(1804年)創業の黒龍酒造は、江戸時代より酒造りに関わる老舗蔵です。良質の水に恵まれた同地は、地域を治めていた松岡藩が酒造りを主要産業として奨励。酒を醸すにはうってつけの場所でした。

九頭竜川の旧名・黒龍川にちなんで


代表銘柄「黒龍」の名は、福井県最大の一級河川・九頭竜川の旧名・黒龍川にちなんでいます。嶺北地方を流れる九頭竜川は昔も今も、周辺流域を潤してきました。もう一つの代表銘柄として「九頭龍」もラインナップしています。

清流・九頭竜川の伏流水で


霊峰・白山連峰の雪解け水に源を発する清流・九頭竜川の流れ。同蔵元は、その伏流水を仕込み水に使い、銘酒「黒龍」と「九頭龍」を醸しています。

酒米に対する飽くなきこだわり


黒龍酒造は、全国に点在する11の蔵元で組織する「フロンティア東条21」に加盟。兵庫県特A地区産の酒造好適米「山田錦」の安定確保に向けた取り組みで、「東条」の名は産地である兵庫県東条地区に由来します。

その他に、地元・福井県産の「五百万石」など、厳選に厳選を重ねた高品質の酒米だけを使用。代表銘柄「黒龍」を始めとするすべての商品は、酒造好適米を原材料に醸されています。

蔵人の経験と勘が問われる「限定吸水」


酒造りの中で、精米した酒米を水に浸す「浸漬」の工程がありますが、白米が水を吸収しすぎないように時間を推し量り、吸水を制限することを「限定吸水」といいます。

特に黒龍酒造のような吟醸造りの蔵においては、吸水を制限する精度が問われます。同蔵元では蔵人の経験とノウハウ、五感を駆使して作業にあたっています。

貯蔵・瓶詰め・出荷を新工場に集約


平成17年、新たに「兼定島酒造りの里」(永平寺町松岡兼定島)を建設。これまで本社蔵(永平寺町松岡春日)で行っていた一連の作業(貯蔵・瓶詰め・出荷等)を新工場に集約させました。ワンランク上のうまさを追求するため、徹底した品質管理体制を敷いています。

ワインの熟成技術をもとにした大吟醸酒


「黒龍 大吟醸 龍」は、ワインの熟成技術をもとに、七代目当主が醸した傑作。昭和50年(1975年)の発売当初は日本一高い酒として大きな話題を呼び、手に入りにくい酒の代表格でした。日本酒をワインのように冷やす飲み方は、黒龍酒造の大吟醸酒がきっかけとされています。