越乃寒梅(こしのかんばい)[石本酒造:新潟県]

淡麗辛口の酒を造り続ける

明治40年(1907年)創業の同蔵元は、新潟県のほぼ中央、新潟平野の穀倉地帯・亀田郷(かめだごう)地区で酒を醸してきました。当時は、西日本の酒蔵が醸す甘口の酒が主流でしたが、「飲み飽きない酒を」との思いから業界に先駆けて淡麗辛口の酒造りに着手。以来、一貫して淡麗辛口の酒「越乃寒梅」をつくり続けています。

地酒ブームの真っ只中で

地酒ブームの火付け役ともいえる「越乃寒梅」は、その人気の高さから一部の店頭で価格が跳ね上がったり、また、まがい物が出回るなどして市場を賑わわせました。手に入りにくい酒としても知られ、「幻の酒・越乃寒梅」として広く全国に知れ渡っています。そうした中で同蔵元は、生産量を上げるよりも酒質の向上に重きを置き、「越乃寒梅」を醸し続けてきました。ブレない姿勢は今日まで貫かれています。

小さくて可憐な梅の花のように

江戸時代より梅の名産地だった亀田郷地区。雪深い地としても知られますが、残雪の残る初春に小さな花を咲かせる梅は、春の訪れを告げる風物詩です。寒さに耐え、可憐な美しさで〝凛〟と咲き誇る梅の花になぞらえ、「越乃寒梅」と命名されました。

良質の水に恵まれた砂丘地で

米処・新潟県のど真ん中。阿賀野川と信濃川が悠々と流れる田園地帯は良質の水に恵まれています。土壌は砂丘地で米づくりにもうってつけ。雪深い冬場の低温環境は酒の仕込みにも最適です。

こだわり抜いた酒米と仕込み水

酒造好適米は、兵庫県三木市産の「山田錦」、新潟県阿賀北産の「五百万石」などを厳選しています。仕込み水は、蔵元から数キロ離れた砂丘地から汲み上げた良水を使っています。

こだわりの「吟醸造り」

同蔵元は、最高の材料を、最高の環境の中で、最善を尽くして酒を醸す「吟醸造り」を徹底。すべての作業の基本としています。

製造工程を全自動化

平成16年には、かつて土蔵だった蔵を鉄筋コンクリート造にリニューアル。製造工程の多くが自動化されましたが、随所に手仕事ならではの工程を残し、昔ながらの酒造りを踏襲しています。

どんな料理にも、どんな飲み方でも

「越乃寒梅 特撰」は飲み飽きない酒の代表格で、どんな料理にも合わせられ、また、どんな飲み方(燗酒からロックまで)にも対応できる銘柄です。繊細な吟醸香ときめ細かな口あたりが特徴で、食中酒に向いています。