久保田(くぼた)[朝日酒造:新潟県]

全国的にも有名な造り酒屋

天保元年(1830年)創業の同蔵元は、今や日本酒の代名詞とされ、全国的にも有名な「久保田」を生産する老舗です。

創業当時の屋号が代表銘柄に

朝日酒造株式会社の前身は「久保田屋」。創業当時の屋号にちなんで「久保田」と命名されました。全国区の「久保田」に対し、地元で愛飲され続けている「朝日山」も代表銘柄の一つです。

日本酒ブームと「幻の酒」

かつて日本酒ブームが席巻した当時、銘酒「久保田」は「幻の地酒」と称され、手に入りにくい酒の代表格でした。時は流れて平成の世。日本酒ブームは過去のものとなりましたが、同蔵元は品質本位を念頭に「量よりも質」を重視。消費者の嗜好の変化に対応するなど、時代が求める「高品質の酒」を醸し続けています。

酒造りは、ふるさとづくり

新潟県長岡市の田園風景の中で酒を醸す同蔵元は、周辺環境の魅力を生かしつつ、地域に開かれた場として酒蔵の施設を一般開放しています。

例えば、初代当主が建てた屋敷「松籟閣(しょうらいかく)」は、国の登録有形文化財にも指定された名建築で、随時見学を受付中。また、工場に併設されたエントランスホールでは、プロの演奏家によるコンサートや各種イベントを開催しています。その他にも、もみじ園の整備・運営やホタルの生息地の保護活動など、地域の自然環境保全にも力を入れています。

さまざまな酒米を自ら作付け

同蔵元の酒は、清冽な雪解け水と地場産の酒米を原材料に、同地で暮らす蔵人の手でていねいに醸されています。特に、米づくりへのこだわりは相当なもので、農業生産法人・有限会社あさひ農研を設立。「五百万石」「たかね錦」「千秋楽」「ゆきの精」「越淡麗」を作付けするなど、自社の研究室との連携を図りつつ、酒造りに最適な酒米の研究・栽培に日夜取り組んでいます。

ワンランク上の酒を目指す

酒米の精米歩合にこだわり、極限まで米を磨くほか、突き破精麹(つきはぜこうじ)を使い、淡麗かつふくよかな味わいの酒を醸しています。

久保田、7つのラインナップ

「淡麗辛口」がウリの久保田は、千寿(せんじゅ)、百寿(ひゃくじゅ)、萬寿(まんじゅ)、翠寿(すいじゅ)、碧寿(へきじゅ)、紅寿(こうじゅ)、生原酒の7つのラインナップがあります。