黒兜(くろかぶと)[池亀酒造:福岡県]

九州屈指の酒造り拠点「久留米酒街道」

明治8年(1875年)創業の池亀酒造は、焼酎大国の九州にあって、古くから地酒を醸してきた老舗酒蔵の一つです。特に福岡県久留米市はかねてより日本酒造りが盛んで、地域には数多くの酒蔵が点在。「久留米酒街道」とも称されるほどです。

酒と食の関係を考える場を

平成21年春、池亀酒造は敷地内に直売所「かめのこ」をオープンしました。「甘酒ソフトクリーム」を看板メニューに、自社商品の販売ほか、粕漬けや奈良漬けなど麹(こうじ)を使ったオリジナル食品がずらり。最近の健康志向の高まりとともに、話題を呼んでいます。

地域に開かれた場を

昭和20年代に建てられ、精米所として使われていた蔵を地域に開放。全面改装してイベントスペースとして広く一般に貸し出しています。これまでに料理教室や食事会、彫刻家の展覧会などが開催されました。

筑後川の伏流水で「黒兜」を醸す

久留米市の西端に位置する池亀酒造は、阿蘇山に源を発する清流・筑後川の伏流水で銘酒「黒兜」を醸しています。特に、吟醸酒や純米酒、本醸造酒などの特定名称酒については仕込み水を使い分けています。

地元産の「山田錦」をメインに

筑後川流域は九州屈指の穀倉地帯で、特に築紫平野は米づくりが盛んです。池亀酒造が選んだ酒造好適米は、福岡県糸島産の「山田錦」をメインに、福岡県オリジナルの「夢一献」などです。

黒麹を日本酒造りに生かす

酒米を醸す酵母は主に、自社で手がけた自家培養酵母を使っています。日本酒の仕込みには一般的に黄麹(きこうじ)が使われますが、池亀酒造では焼酎や泡盛の仕込みに多く使われる黒麹(くろこうじ)を使用。社内の分析室から生まれた同技術によって、新しい商品を次々と世に送り出しています。同蔵元は日本酒以外にも、焼酎やリキュール、発酵食品などを手がけています。

黒麹で仕込んだこだわりの「黒兜」

「純米吟醸 黒兜」は、池亀酒造こだわりの「黒麹」で仕込んだ全国でも珍しい純米吟醸酒です。フレッシュなフルーツをイメージさせる豊かな吟醸香と、芳醇なコクが身上。日本酒の常識をガラリと変える一本です。酸度の高い「黒兜」のラインナップは、冷やして飲むとより味わい深くなります。