旭興(きょくこう)[渡邉酒造:栃木県]

2つの銘柄を醸す酒蔵

明治25年(1892年)に創業し、約120年以上の歴史がある酒蔵です。代表銘柄の「旭興」のほかに、「たまか」という銘柄があり、現在2種類のブランドの酒を醸しています。

旭(朝日)が興る(昇る)

代表銘柄「旭興」の名前は、現在地の大田原市須佐木(旧・黒羽町)に蔵を移す際、向かう場所が東の方角であったことから、「朝日(旭)が昇る(興る)」という意味になぞらえました。

実力は折り紙つき

小さい酒蔵ながらも、ここ数年は連続して全国新酒鑑評会において金賞を受賞するなど、実力は折り紙つきです。生産された酒のほとんどは地元・黒羽地区をはじめ栃木県内で消費されていますが、「一度飲んだら病みつきになる」とファンが急増中。全国にその名を轟かせるようになりました。

冷え込みが厳しい八溝山の麓で醸す

渡邉酒造のある大田原市の須佐木地区は、八溝山(標高1022メートル)の麓にある小さな集落です。蔵の近くには古刹で知られる雲巖寺(うんがんじ)があります。厳寒期にはマイナス10℃以下にまで下がる冷涼な気候のもとで、ていねいに酒を醸しています。

八溝山系の伏流水で醸す「旭興」

原材料となる酒造好適米は「山田錦」「五百万石」「美山錦」「日本晴」などを使っています。仕込み水は、八溝山に源を発する武茂川の清冽な伏流水。雑味がなく透明感のある酒を醸します。

流行りに流されない酒造り

同蔵元の杜氏は渡邉英憲氏。世の中の流行に流されない、地に足の着いた酒造りを実践しています。作業には手間ひまを惜しみません。和釜に甑(こしき)を乗せて酒米を蒸すなど、昔ながらの伝統的な製法を大切にしています。

その一方で、最新の技術を取り入れることも忘れません。例えば、酒米を潰さずにていねいに扱いながら洗える洗米機を導入するなど、酒造りにとことんこだわっています。

地元で愛飲される本醸造酒と純米酒

「旭興」のラインナップは、芳醇な香りと濃厚なうま味がありながらも雑味がない、辛さの中にも深みを感じさせる酒質で、地元では圧倒的な支持を獲得しています。

地元で最も愛飲されている商品の一つが「旭興 本醸造 火入」です。本醸造らしいすっきりとした辛口でありながら、口当たりはやわらか。飲み方も自在の良酒です。純米酒になると、米のうま味と酸味がしっかり感じられます。特別純米酒はさらに辛口になり、キレを引き出しています。

精米歩合99%という数量限定酒

数量限定酒の「旭興 生もと純米 とちぎ酒一四米 磨き九割九分 樫樽貯蔵」は、精米歩合がなんと99%です。普段、食事で食べる白米よりもはるかに玄米に近い状態の米を、生酛(きもと)仕込みで醸しています。「旭興 貴醸酒 百 スパークリング」という限定酒もあり、製法は酒を酒で仕込むという特殊な技法で造っています。