満寿泉(ますいずみ)[桝田酒造店:富山県]

初代は北海道旭川で創業

明治26年(1893年)、桝田酒造店の初代は北海道旭川の地で酒造りを始めました。銘柄「都松」を手がけ、1500万石まで生産量を拡大しましたが、明治38年(1905年)にふるさとである富山に戻り、再び酒を醸すようになります。

「満寿泉」の名の由来

代表銘柄「満寿泉」は、日本酒ファンならずとも、その名を一度は聞いたことのある有名銘柄です。名字の「枡田」をヒントに、めでたい字面で構成した「満寿泉」が誕生したのは昭和の初めごろ。当初の狙い通り、港の料亭などで働く芸者衆の評判となり、愛飲されるようになりました。以来現在まで、同蔵元の主力ブランドとしてその名を轟かせています。

北前船の交易で栄えた街並みで

江戸から明治にかけて、港町・富山は北前船(きたまえぶね)の拠点として栄えました。港には回船問屋が数多く並び、また、多くの料亭や飲食店が軒を連ねました。桝田酒造店は、往時の面影を残す風情ある街並みの一画に蔵を構えています。

酒米づくりのこだわりと熱意

「山田錦」は酒造好適米の最高峰とされていますが、その発祥の地とされる兵庫県八千代町、同多可町の両地区の農家が栽培した「山田錦」を使い、「満寿泉」を醸しています。

その他にも、地元・富山の農家に依頼し、富山県オリジナルの酒造好適米「富の香(とみのかおり)」を契約栽培するなど、酒米づくりに対する熱意は計り知れません。

自らの感覚で味わう酒を

精米歩合や日本酒度、酸度などの詳しいデータはあえて公開していません。その背景には「自らの感覚で酒を味わい、楽しんでほしい」という考えがあるから。富山を代表する蔵元は、味へのこだわりも徹底しています。

味のしっかりした、うま味のある酒

「満寿泉」は、海の幸や山の幸など、食材の宝庫である富山県の美食に合わせて醸された酒と言っても過言ではありません。蔵元自ら「美味求眞」をモットーに掲げているほどです。

東北地方や北陸地方の地酒は「淡麗辛口」が主流ですが、それとは一線を画す「味のしっかりした酒」は、鮮度の高い採れたての食材の味わいを、存分に引き立てます。