桃川(ももかわ)[桃川:青森県]

創業130年余の歴史

地元のコマーシャルで「清酒は桃川!」のキャッチフレーズ、「いい酒は朝が知っている」で知られ、青森県民に広く親しまれている蔵元の一つです。創業は明治22年(1889年)ですが、その発祥は、江戸時代末期に三浦家によって清酒製造を始めたことにさかのぼります。

銘柄「桃川」の由来

蔵元の創業以来、青森の清流で知られる奥入瀬川の水を仕込み水に使っています。奥入瀬川は地元では「百石川」という愛称で呼ばれていることから、百(もも)を果物の桃に転じ、「桃川」と名付けられました。

清流・奥入瀬の水で仕込む

八甲田山系を源とする奥入瀬川水系の水を仕込み水に使っています。軟水系の水によって醸す「桃川」は、きめが細かく、まろやかな口当たりに仕上がります。

生産地に毎年視察

「よい酒はよい原料米が最重要」が同社のモットー。毎年、山田錦の生産地である兵庫県に出向き、最高峰の酒造好適米の確保に全力を傾けています。このほか、青森県産米「まっしぐら」をはじめとする酒造好適米を使っています。

スタッフ全員が資格を持つ

同社では、青森マイスターの杜氏をはじめとする、すべての製造従業員が酒造技能士の資格を持っていることも、大きな特徴の一つです。「おいしいお酒を通じて人を幸せにしたい」という理念のもとに、酒造りに力を注いでいます。

うまみとコク

社名を冠した銘柄であり、手ごろな値段で地元に愛されている代表的な一本、「桃川」の純米酒は、酸味を抑え、立ち上る香りはあくまでも控えめです。しかしその分だけ、口に含めばうまみとコクが感じられ、やわらかなのどごしが楽しめます。温めればふくよかな味わいが一段と増し、うまみが最大限に花開きます。

また、「桃川 大吟醸」は、平成25年(2013年)度の新酒品評会の大吟醸部門でグランプリを受賞しました。味の決め手となったのは、同社で保存している独自の酵母。フルーティーで甘美な香りと潔い後味のよさで自慢の「桃川酵母」を使って醸した結果、高い評価を受けました。

辛口の逸品「ねぶた」シリーズ

同社のブランドの一つに、辛口に仕上げた「ねぶた」があります。同シリーズの「ねぶた淡麗純米酒」は、日本酒コンテスト純米酒部門でグランプリの栄誉に輝いています。また、同ブランドの最高品質の大吟醸純米「倭武多(ねぶた)」は、季節限定の逸品です。