成政(なりまさ)[成政酒造:富山県]

越中富山の小さな造り酒屋

富山県南砺市にある成政酒造は、明治27年(1894年)の創業。創業以来、小仕込みによる酒造りに徹し、銘酒「成政」を醸してきました。

戦国武将・佐々成政に由来

代表銘柄「成政」の名は、戦国時代に越中を治めた武将・佐々成政(さっさ・なりまさ)に由来します。戦の最中、水源を求めていた成政が地面に槍を突き立てたところ、一気に水が湧き出したという伝説は、「槍の先の水湧き」として後世に伝えられています。越中はそれほどに、水の豊かな地であることをうかがい知ることができます。

日本初の「成政トラスト吟醸の会」

成政酒造は、日本で初めて基金による酒造りに着手しました。昭和61年(1986年)に発足した「成政トラスト吟醸の会」は、会員が出資し合って蔵元に酒を仕込んでもらうというユニークなシステムです。ちなみに、1万数千円の年会費を払うと、純米大吟醸酒が3本送られてきます。現在、約700名の会員を有するなど、「成政」は多くの日本酒ファンに支えられています。

山塊・医王山の懐に抱かれて

富山県と石川県の県境に屹立する山塊・医王山(いおうぜん 標高939メートル)を背景に、田園地帯が広がるのどかな環境の中で酒を醸しています。

先代が同地に持ち込んだ「五百万石」

成政酒造のある南砺市(旧福光町)は、全国有数の酒造好適米の産地です。「山田錦」に次ぐ二大酒米「五百万石」や、富山県オリジナルの酒米「雄山錦(おやまにしき)」などが栽培されていますが、「五百万石」は同蔵元の先代・山田外三郎氏が初めて同地に持ち込んだとされています。

富山県の酒米「雄山錦」に着目

同蔵元は、自社オリジナルの銘柄を醸すために、富山県が開発した酒米「雄山錦」に着目し、試験醸造の段階からずっと関わってきました。地域の米づくり農家に栽培を依頼し、「純米吟醸 成政」などを世に送り出しています。

成政酒造の自信作

「大吟醸 なりまさ」は、低温でじっくり、1~2年ほどかけて熟成させてから出荷する自信作です。大吟醸らしい芳醇な香りと、飲み口さわやかなキレの良さが自慢です。

地元・南砺市産の「雄山錦」で

「大吟醸 医王山」は地域のランドマーク・医王山の名を冠した意欲作です。この銘柄に合わせた酒米は、地元・南砺市の契約栽培農家が手がけた上質の「雄山錦」。個性豊かな吟醸香に、思わず相好を崩します。