苗加屋(のうかや)[若鶴酒造:富山県]

日本酒が主力の総合酒造メーカー

文久2年(1862年)創業の若鶴酒造は、代表銘柄「若鶴」を主力に酒造りをスタート。大正時代に入って飛躍的に業績を伸ばし、北陸トップクラスの酒造会社に成長しました。

昭和に入り、金融大恐慌や第二次世界大戦を経験する中で、焼酎やウイスキーなどの生産にも着手。現在は、代表銘柄「若鶴」と「苗加屋」を主力商品としながら、焼酎・ウイスキー・リキュールのほか、古酒や貴醸酒なども手がけています。

酒造りの舞台を開かれた場に

平成24年に創業150周年を迎えたことを記念して、大正時代に建てられた「大正蔵」を大きくリノベーション。「人が集い、語らい、心ふるわせる空間」をコンセプトに、酒造りの歴史・文化を伝えるスペースに生まれ変わりました。

近代建築遺産としての価値も高い大正蔵は、「砺波市ふるさと文化財」に登録されるほか、「とやまの近代歴史遺産百選」にも選ばれるなど、地域のランドマークとして親しまれています。

「苗加屋」のふるさとは散居集落の郷

富山県西部に位置する砺波(となみ)平野は、広大な水田地帯の中に各農家が点々と住居を構える「散居集落の郷」として知られています。また、砺波市の中央部を貫く一級河川・庄川は周辺地域を潤し、かねてより米づくりの盛んな地です。県内屈指の米処で地酒「苗加屋」を醸す同蔵元は、庄川の伏流水を仕込み水に使っています。

大寒の時期に仕込む大吟醸

1年で最も厳しい寒さが続く大寒の時期、同蔵元では最高級ラインの大吟醸酒造りに取り掛かります。北陸地方特有の寒さは、酒の仕込みにはうってつけ。長期間にわたってじっくりと発酵させ、気品溢れる吟醸酒を仕込みます。

ブランド「苗加屋」をリニューアル

平成25年秋、若鶴酒造は主力ブランドである「苗加屋」のリニューアルを行いました。それまでは「純米吟醸」と「特別純米」の2種類でしたが、新たに「純米大吟醸」を加えて3種類になりました。

そのラインナップは、大寒の時期に仕込んだ「純米大吟醸 琳黒(りんのくろ)」、無濾過生原酒の「純米吟醸 琳赤(りんのあか)」、富山県オリジナルの酒造好適米・雄山錦を使った無濾過生原酒の「特別純米 琳青(りんのあお)」です。

「極上の一滴」と評される同ラインナップは、上品な香りとふくよかなコクが身上。新「苗加屋」ブランドは同蔵元の歴史に新たな1ページを刻みました。