六歌仙(ろっかせん)[六歌仙:山形県]

造り酒屋が集まり、新しい酒蔵を設立

同蔵元の創業は昭和47年(1972年)。長い歴史を有する造り酒屋の中では珍しく、近年立ち上がった酒蔵です。その理由は、地域に点在する5つの造り酒屋が集まり、新しい酒蔵を設立したから。製造工程や販売形態を一元化し、新たなスタートを切りました。

「古今和歌集」から命名された「六歌仙」

代表銘柄「六歌仙」の名は、新会社設立にあたって新設の一軒が加わったことから。紀貫之が「古今和歌集」で推挙した6人の歌人の総称から命名されました。

近代的な施設で伝統の酒造りを

平成4年に株式会社六歌仙に社名を変更しました。醸造部門を一元化するなど、近代的な施設の中で、伝統的な酒造りを実践しています。

気候風土を見方に

同蔵元のある山形県東根市はサクランボの産地として有名な町です。四方が山に囲まれ、肥沃な大地では農業が盛んで、湧き水にも恵まれるなど酒造りの条件が整っています。銘水のまちの酒造りは、こうした気候風土を見方に取り組まれてきました。

こだわりは自社精米

精米工程を外部委託する酒蔵が多い中で、同蔵元では近代化された醸造工場内に精米器を完備し、自社精米を実践しています。その理由は、自ら徹底して米を磨き、雑味のない上質な酒を醸すため。高度かつ手間暇のかかる扁平精米にチャレンジしています。

純粋発酵をテーマに掲げる

同蔵元では、酒造りに欠かせない微生物の働きを最大限に引き出す「純粋発酵」を大きなテーマとしています。蔵人の最大の使命は、微生物が働きやすいような環境を整えること。こうした考え方は「六歌仙」をはじめとするすべての銘柄に応用されています。

日本酒の消費拡大に一役

同蔵元のラインナップは多彩です。「六歌仙」を筆頭に、江戸時代の酒を現代風にアレンジしたものや、酒度を+28までアップさせた純米酒のほか、スパークリング・タイプの日本酒などを次々と発表。日本酒ならではのおいしさ、楽しさを幅広い世代に紹介するなど、日本酒の消費拡大に一役買っています。

注目の「スイカのお酒」

地元で採れたスイカの味わいを凝縮したリキュール「スイカのお酒」は、全国規模の梅酒・リキュールコンテストで入賞しました。もうひとつの山形名物として人気を集めています。