両関(りょうぜき)[両関酒造:秋田県]

人の和によって生まれ、人の和を醸す

両関酒造は明治7年(1874年)創業。創業以来、「人の和によって生まれ、人の和を醸す」という酒造り精神のもと、品質第一主義を貫き続けている名酒蔵です。

常に先を見据えた意識改革

同蔵元は、常に消費者の側に立った目線で、酒の質や商品体系の改革を心がけてきました。多数の輝かしい受賞歴は、こうした姿勢の証です。

自社で杜氏を育てる

創業以来、社内で杜氏を育て、独自の技術と精神を伝承してきました。この伝統によって生み出されたのが、両関酒造が誇る「低温熟成醸造法」です。

酒蔵見学も可能

同社では蔵元を一般に開放しており、見学を受け付けています。蔵元の敷地内には売店コーナーがあり試飲も可能。現地でしか購入できない「蔵見学記念酒」も販売しています。事前に予約が必要です。

米どころ、酒造米の生産も盛ん

両関酒造のある湯沢市周辺の南部地域は平野が広がり、米どころとして知られています。気候は、夏は暑く、冬になれば2メートルに達する大雪に覆われます。湯沢市周辺は酒造好適米の生産も盛んで、同市には酒米研究会があり、地場の酒に適した酒米の開発を手がけています。

仕込み水は名水百選「力水」

同蔵元は、地元産の酒米を丹念に磨き上げ、よりおいしい酒を醸す努力を続けてきました。また、夏は暑くなり、冬は雪が降り続く厳しい自然環境によって、良質な水にも恵まれています。仕込み水は名水百選にも選ばれている「力水」。栗駒山系から豊富に流れ込む皆瀬(みなせ)川からくみ上げています。この力水を使って、銘酒「両関」醸しています。

独自開発の低温長期醸造法

両関酒造には、独自に開発した「低温長期醸造法」があります。酒は酵母菌の醗酵によって造られます。温度が高いと酵母菌の活動が活発になり、急激な醗酵になり味の荒い酒になります。温度が低いと酵母菌の活動が緩慢になり、ゆっくりとした醗酵になり、きめの細かい味に仕上がります。

同社では、雪国の寒い気候を生かして、静かに醗酵させる酒造りを行い、この技術を各蔵元にも広く紹介。東北地方全体の酒造技術の向上に貢献しています。

辛みとキレがうまみを引き立たせる

「両関 山廃特別純米酒」は、平成18年の秋季全国酒類コンクール純米部門で全国1位に輝きました。山廃造りの極みともいえる、酸味を前面に押し出した味わいです。

もちろん、普段づかいの廉価な酒造りも手抜かりがなく、美味なことで知られています。「本醸造 両関 辛口通」は、平成19年のインターナショナル・ワイン&スピリッツ・コンペティションで最高金賞を受賞。米のうまみの中に辛みとキレが冴えた一本です。