雪中梅(せっちゅうばい)[丸山酒造場:新潟県]

日常で飲む酒こそ、ていねいに

元々は製麹業を営んでいた前身が酒造りに着手。明治30年(1897年)に造り酒屋を開業し、当時は「白梅」や「玉菊」などの銘柄を生産していました。

「復活蔵」が醸す、普段着の酒

第二次世界大戦の影響で一時休業に追い込まれることになりました。しかし、戦後になって四代目当主が酒造りを復活。以来一貫して、「普段、日常で飲む酒こそ、ていねいに」をモットーに酒造りに取り組んでいます。

風雪に耐える梅の花のように

寒さ厳しい雪国の風雪に耐え、凛とした花を咲かせる梅の花のように…。代表銘柄「雪中梅」には、そんな思いが込められています。

酒造りには最適の自然環境

「雪中梅」の製造元は、新潟県の南西部、日本海にもほど近い高田平野の田園風景の中に蔵を構えています。上越地域の冬の寒さは厳しく、また雪も多く、数メートルもの積雪を記録することもしばしば。豊かな自然と厳しい自然が同居する環境の中で、酒造りが行われています。

周辺の「頸城(くびき)三山」に源を発する伏流水は、酒造りに最適な超軟水です。

県内屈指の銘醸地

「五百万石」は酒造好適米の代表格ですが、ここ高田平野はその一大産地として知られています。米どころは酒どころでもあり、周辺には十数カ所の造り酒屋が点在。県内屈指の銘醸地は、腕利きの頸城杜氏を輩出しています。

契約栽培農家による酒米づくり

「雪中梅」に使われる酒造好適米の多くは、上越地域の契約栽培農家によって生産されています。例えば、酒造特性に優れ、吟醸酒や大吟醸酒に使用される新潟県オリジナルの酒米「越淡麗(こしたんれい)」は、蔵元にほど近い数軒の契約栽培農家が手がけたものです。

昔ながらの麹造りを踏襲

昔ながらの麹(こうじ)造りを遵守し、機械化はせず、手づくりによる作業にこだわり続けています。年間を通して販売される普通酒は「箱麹法(はここうじほう)」を用い、また、本醸造以上の酒は「蓋麹法(ふたこうじほう)」で醸されるなど、2つの製法を使い分けています。

「淡麗甘口」は上品な甘さが身上

新潟県の地酒といえば「淡麗辛口」が主流ですが、蔵人の手により小仕込みでていねいに醸される「雪中梅」は「淡麗甘口」です。その味わいは、上品な甘さとまろやかな口あたりが身上。どんな料理にもマッチするなど、「雪中梅」は食中酒の代表格です。