仙禽(せんきん)[せんきん:栃木県]

200年を超える歴史を紡ぐ

同蔵元は今から200年以上前、江戸時代後期の文化3年(1806年)に栃木県さくら市で創業しました。「仙禽」は、仙人に仕える鳥の「鶴」を表しています。蔵の名として代々受け継いできました。近年、社名を変更し、ひらがなの「せんきん」となりました。

知る人ぞ知る名酒蔵が大変身

代表銘柄の「仙禽」は知る人ぞ知る名ブランドですが、同蔵元はこの10年間に大きな方向転換をしました。これまでの端麗辛口から、甘みと酸味を前面に押し出した、パンチのある酒造りにシフトしたのです。

次期当主はソムリエ

現在の同蔵元のかじ取り役は、次期十一代目当主となる薄井一樹氏です。薄井氏はソムリエの修業を積んだ経験を生かし、酒造りの伝統を守りつつ、新しい風を吹き込み、これまでの日本酒の概念を大転換させています。代表銘柄「仙禽」は常に進化しています。

関東平野の北端、肥沃な土地柄

同蔵元は栃木県の中央部に位置するさくら市にあります。さくら市は清流・鬼怒川が流れる関東平野の北端にあり、昔から米どころとして知られています。銘酒「仙禽」は風光明媚な農村地帯で醸されています。

酒米「亀の尾」の個性を生かす

以前の同蔵元の味は端麗辛口でした。現在はそこから180度の方向転換。甘みと酸味の強い、新しい酒を醸しています。その味を支えるのが酒造好適米の「亀の尾」です。この酒米の持つ独特の個性を最大限に引き出し、木桶仕込みで醸した酒は、全国新酒鑑評会にも出品しています。「山田錦」で醸した出品酒が多い中で、非常に意欲的な挑戦といえます。

「日本酒は伝統工芸品」という考え方

同蔵元は日本酒を、「機械工業製品ではなく、伝統工芸品」と捉えています。そのため、ろ過や割水など、通常の瓶詰めに至るまでの工程がありません。搾られたお酒はすべて、手作業で瓶に詰めています。

強烈な個性を放つ銘柄の数々

新酒鑑評会に挑んだ「仙禽 木桶仕込み純米大吟醸斗瓶盗り亀の尾19%」は、酸味と甘みがもたらす絶妙のハーモニーが身上です。

同様に、酒米に「亀の尾」を使った山廃仕込みの「仙禽 山廃純米無濾過原酒」は、木桶+山廃酒母という古典的な仕込みを取り入れたフルボディタイプの原酒。強烈な甘みと酸味と香りです。日本酒の概念を覆した「ドルチェシリーズ」は、フランスやドイツのワイン産地で使用されるワイン酵母を使用。「アロマ」「ロッソ」「ビアンコ」「ブーケ」があり、それぞれ違った個性が楽しめます。

新ブランド・クラシックシリーズ

平成24年度からスタートした新ブランド「仙禽 クラシックシリーズ」は、全国の22酒販店で販売している限定酒です。原酒でありながらアルコール度数は14~15度と低めに抑え、「芳醇な酒を、水のように飲める」というコンセプトのもとに醸されました。瓶のラベルは往年の仙禽ラベルを復刻して使っています。