四季桜(しきさくら)[宇都宮酒造:栃木県]

宇都宮を代表する名酒蔵

 宇都宮酒造の創業は明治4年(1871年)。「まごころ一献」のキャッチフレーズで知られる、宇都宮を代表する名酒蔵です。

創業当時の銘柄は「四季の友」

 創業当時は「四季の友」という銘柄で販売していましたが、二代目の当主が、古人による「酒なくしてなんの己が桜かな」という一句に倣って「月雪の友は他になし四季桜」と詠み、それから現在の「四季桜」となりました。

鬼怒川のほとりで「四季桜」を醸す

 宇都宮酒造は、栃木県宇都宮市の東方の柳田という集落にあり、すぐ近くには、清流・鬼怒川が悠々と流れています。周囲は水田に囲まれており、豊かな緑と水に恵まれた環境の中で酒を醸しています。

柔らかさと喉ごしが自慢

 仕込み水は鬼怒川の伏流水。酒造好適米は「山田錦」「五百万石」「美山錦」そして県産米の「あさひの夢」を使い、銘酒「四季桜」を醸しています。口に含んだ際に感じる柔らかい風味と喉ごしのよさが特徴です。

地元農家と協力して酒米栽培

 同蔵元は「よい酒を造るにはまず米作りから」をモットーに、昭和47年(1972年)から90アールの自作田を持ち、酒造好適米「五百万石」の栽培をはじめました。
 現在、蔵元のある柳田地区の栽培農家と「柳田酒米研究会」を組織し、酒米づくりに励んでいます。
 その成果を示す銘柄が「四季桜 大吟醸 柳田の米かもしたて」です。芳しい香りを放ち、まろやかな味わいが楽しめます。

6人の蔵人がそれぞれの持ち場を守る

 宇都宮酒造の酒造りのチームは、杜氏の今井昌平氏を筆頭に6人の蔵人で構成しています。杜氏のほかに副杜氏、麹屋、もと屋、槽頭、釜屋がいます。それぞれがしっかりと役割を果たしながら酒造りの襷(たすき)をつなぎ、「四季桜」ブランドを守り続けています。

普段使いの普通酒から季節限定酒まで

 辛口の本醸造から純米酒、にごり酒の「冬の華」のような季節限定酒まで、幅広くそろえています。手ごろな価格で手に入る商品でも、味わいには一切の妥協がなく、それぞれに個性が備わっています。また、季節限定酒の中には「春」「夏」「秋」「冬」の4種類の純米酒があり、めぐる季節とともに味わってみるのも粋な楽しみ方です。

誰もが飲みたいプレミア酒

 同蔵元の看板ブランドの中に、グルメ漫画『美味しんぼ』で何度か紹介されている銘柄があります。その一つ、「四季桜 花宝(かほう)」は、昭和56年(1981年)に生まれた大吟醸の純米酒です。夏の時期に摂氏2度という低温で貯蔵し、じっくり熟成させた酒で、うま味をたっぷり含んでいます。

 この「花宝」のさらに上をいくのが、「四季桜 大吟醸酒 万葉聖」です。銘柄は万葉時代の歌人、大伴旅人の和歌「酒の名を 聖とおほせしいにしえの 大き聖の言のよろしさ」に由来しています。力強さと柔らかさを併せ持ち、透明感にあふれた極上酒です。