酔鯨(すいげい)[酔鯨酒造:高知県]

土佐を代表する地酒「酔鯨」

江戸時代、「油屋長助」の看板を掲げて雑貨商を営んでいた先祖は、明治5年(1872年)に造り酒屋を始めました。以来、小仕込みでていねいに醸した銘酒「酔鯨」は、土佐を代表する地酒として愛飲されてきました。

土佐藩主の雅号に託して

昭和44年(1969年)よりブランド化された代表銘柄「酔鯨」の名は、酒と詩をこよなく愛した土佐藩の十五代藩主・山内容堂(やまうち・ようどう)に端を発します。氏は自らを「鯨海酔侯(げいかいすいこう)」と称し、雅号としました。現在、高知市内には山内容堂誕生地として石碑が建立されています。

本格的に吟醸酒造りに着手

新鮮な海産物に恵まれた高知県における酒造りは、地場の料理の味わいを引き立てる「食中酒」としての側面が強く求められます。

酔鯨酒造はより高品質の酒を提供するため、昭和60年(1985年)に広島県安芸津町の杜氏集団から名杜氏を抜擢。本格的に吟醸酒造りに取り組むようになりました。現在はその販路を全国に広げています。

南国・土佐の風土に抱かれて

南に黒潮渦巻く土佐湾を望み、1000メートル級の山々が連なる四国山地を背にする高知県高知市は、年間を通して温暖多雨で日照時間も長いなど、典型的な太平洋側気候に属します。酔鯨酒造は県南部の浦戸湾にほど近い長浜地区で、地酒「酔鯨」を醸しています。

四万十川に並ぶ清流・仁淀川の伏流水で

酔鯨酒造の仕込み水は、愛媛県の石鎚山(標高1982メートル)に源を発する仁淀川の伏流水です。四万十川や吉野川に並ぶ清流として知られる仁淀川は、古より酒造りに用いられ、また、地域を潤してきた「聖なる水」です。

厳選に厳選を重ねた酒米で

土佐の銘酒「酔鯨」を醸す酒造好適米は、兵庫県産の「山田錦」や「北錦」、広島県産の「八反錦」などです。この他にも、酒造りに適した食用米「松山三井」や「土佐錦」を使っています。

厳密な工程管理を実践

平成に入って同蔵元は、生産設備の拡充のために新蔵を建設するほか、新たに吟醸酒保管用の冷蔵庫を設置するなど、生産および品質管理面に力を入れてきました。「淡麗辛口」と評される土佐の銘酒「酔鯨」は、厳密な工程管理によって醸されています。

「熊本酵母」が酒米の持ち味を引き出す

「酔鯨 純米大吟醸 山田錦」は、兵庫県産の「山田錦」を30%まで磨いた自信作。酒米の持ち味を引き出す酵母は、酔鯨酒造が定番とする「熊本酵母」。低温でじっくり醸しました。