龍力(たつりき)[本田商店:兵庫県]

吟醸酒造りに徹するこだわりの蔵

兵庫県姫路市にある本田商店は、大正10年(1921年)の創業以来、「米の酒は米の味」をモットーに、酒造好適米にとことんこだわってきました。

以来、日本の「ロマネコンティ」「モンラッシェ」を目指し、生産量のおよそ半分を占める吟醸酒造りに重きを置いています。

真言宗の始祖・龍樹菩薩の名にちなみ

代表銘柄「龍力」の名は、真言宗の始祖である龍樹菩薩(りゅうじゅぼさつ)の長寿の力にちなんでいます。

揖保川の伏流水で「龍力」を醸す

本田商店の近くを流れる揖保(いぼ)川の伏流水は、鉄分が少ない中軟水で、大吟醸酒など高級ラインの酒の仕込み水として最適です。

究極の極上米で醸す「龍力」の味わい

兵庫県オリジナルの酒造好適米であり、酒米の王様とも称される「山田錦」は、特定の産地のものだけを使用。生産地としてはトップクラスの兵庫県特A地区産の中でも、最高の自然条件のもとで生産された極上米を使っています。

山田錦の買い付け量は全国第2位

「山田錦」の買い付け量は、灘の酒を代表する「剣菱」に次ぐ全国第2位というから驚きです。本田商店の生産量は2000石ほどで酒造会社としては中堅規模ですが、実に8割以上の酒米を兵庫県特A地区産のものでまかなっています。その他にも、兵庫県産の「山田穂」「神力」「五百万石」や、岡山県産の「雄町」などを使っています。

手仕込みに徹する蔵元の姿勢

先に触れたように、同蔵元の生産量は2000石ほどで中堅規模の酒造会社に相当しますが、酒造りのほとんどの工程は機械を介さず、蔵人の手で行われています。銘酒「龍力」は、蔵人たちの高度な技術と豊富な経験、そして感性によって仕込まれています。

「龍力」に新ラインナップが登場

「龍力」の「ドラゴン・シリーズ」は、五代目当主である本田龍裕氏が手がけた新ブランドです。味わいはもちろん、原材料、製造方法、ラベルデザインに至るまで突き詰めた意欲作。これまでの日本酒の在り方とは違う新たなジャンルを切り開きました。

例えば、「龍力 大吟醸 ドラゴン Episode1(青ラベル)」は同シリーズの最高峰。兵庫県特A地区産の「山田錦」を原材料に、自社製造の醸造アルコール(山田錦アルコール)を使用するという意外性が目を引きます。マイナス3度の低温でじっくり熟成させました。