天狗舞(てんぐまい)[車多酒造:石川県]

天狗舞=山廃純米酒

文政6年(1823年)創業の車多(しゃた)酒造は、現在、七代目当主が伝統の酒造りを受け継いでいます。かつて全国新酒鑑評会において11回連続で金賞を受賞したことから、「天狗舞=山廃(やまはい)純米酒」のイメージが全国的に定着。山廃仕込みを得意とする酒蔵として一目を置かれるようになりました。

手間暇を惜しまない手づくりの酒を

山廃仕込みに取り組んだのは、昭和40年代後半になってから。当時は高度経済成長の渦中にあり、何事も効率化が求められる時代でしたが、同蔵元はあえて、手間暇をかけた「手づくりの酒」を手がけるようになります。

天狗が舞う様をイメージした酒

かつて森の中に酒蔵があったとき、初代当主は木の葉が擦れ合う音から天狗が舞う様をイメージ。天狗が乱舞する様子から「天狗舞」と名付けたとされています。

自社井戸から沸き出でる清冽な天然水で

白山水系の伏流水を湛えた井戸が敷地内にあり、昔も今も、清冽な天然水がこんこんと湧き出ています。同蔵元はこの水を仕込み水に使い、酒を醸しています。

手づくりの麹で仕込んだ「天狗舞」

米に麹(こうじ)菌を繁殖させたものを麹と呼びますが、車多酒造の麹はすべて手づくり。手間暇を惜しみません。

良質の酒米で「天狗舞」を醸す

石川県白山市は県内有数の米処として知られています。加賀平野に実った酒米は地元の契約栽培農家が手がけたもの。地場産の「五百万石」は純米酒などに用いられ、吟醸酒の酒米は兵庫県特A地区の「山田錦」を使っています。

「天狗舞流」の山廃仕込みで

山廃仕込みとは、酒蔵の中に棲み着いている乳酸菌を利用した昔ながらの仕込み方法です。櫂(かい)入れをしない、自然の掟にならった酒造りは、通常よりも数倍の手間暇がかかります。

車多酒造は従来の山廃仕込みに、「天狗舞流」ともいえる独自の手法を確立。能登杜氏が「天狗舞流」で醸す酒は、唯一無二の味わいです。

海外でも評価される「天狗舞」の実力

近年、「天狗舞」の評価がますます高まっています。例えば、ロンドンで開催された「インターナショナル・ワイン・チャレンジ2011」のSAKE部門において、「天狗舞」は純米酒で金メダルを受賞。その他にも、「2013ロサンゼルス国際ワイン&スピリッツコンペティション」では、純米酒部門でベストオブクラスを受賞するなど、受賞事例は枚挙に暇がありません。