浦霞(うらかすみ)[佐浦:宮城県]

鹽竈神社の御神酒酒屋

 享保9年(1724年)創業の同蔵元は、300年近い歴史を有する老舗です。後に、奥州一之宮・鹽竈(しおがま)神社の御神酒酒屋として酒を醸して二百余年。こだわりの酒づくりは現代に受け継がれています。

「浦霞」の名の由来

 代表銘柄「浦霞」の名は、鎌倉幕府三代征夷大将軍・源実朝(みなもとの・さねとも)が詠んだ以下の歌に由来しています。「塩がまの浦の松風霞むなり 八十島かけて春や立つらむ」

東日本大震災からの復興

 「浦霞」の製造元がある塩竃市は、太平洋に面した古くからの港町です。東日本大震災により蔵は甚大な被害を受けましたが、蔵人や関係者らの努力により徐々に復興を遂げています。震災当時、津波による被害を免れて出荷された銘柄が「全国酒類コンクール」で第1位を獲得。地域を元気づけました。

豊かな食文化が育てた酒

 全国屈指の水揚げ高を誇る塩竃港は、マグロを始めとする海産物の宝庫であり、松島湾周辺で採れる牡蠣は地域の名産品です。市内には寿司店を始めグルメスポットが多数点在し、多くの食通たちを唸らせてきました。このような豊かな食文化を背景に代表銘柄「浦霞」は醸されてきました。

全国屈指の米の産地

 特にササニシキやひとめぼれなど、宮城県は全国屈指の米の産地です。浦霞の蔵元、株式会社佐浦では地元産の酒米にこだわり、同時に、良質の米の味わいをいかに引き出すかをテーマに酒を醸しています。

自家製「浦霞酵母」を低温長期間発酵

 手塩に掛けて育てた地元米の味わいを引き立てるのは、同蔵元ならではの自家製酵母「浦霞酵母」です。低温で長期間発酵させることで、フルーティーな吟醸香を醸し出します。浦霞酵母は公益財団法日本醸造協会の登録酵母の一つです。

食中酒に最適な「品格のある酒」

 「浦霞」のラインナップは、食中酒に最適とされています。「特別純米酒 浦霞」は、地元産の酒類好適米「トヨニシキ」を55%まで精米。芳醇でふくよかな香りと、キレのある味わいが身上です。マグロや牡蠣、ホタテなどの海の幸との相性は格別。品格のある酒は一目置かれる味わいです。