悦凱陣(よろこびがいじん)[丸尾本店:香川県]

高杉晋作が愛した讃岐の銘酒「悦凱陣」

明治18年(1885年)、香川県仲多度郡琴平町で創業した丸尾本店は、「讃岐三白」といわれる良質の砂糖・塩・綿を産出する讃岐地方で、手づくりの地酒「悦凱陣」を醸し続けてきました。同蔵元の建物は地元讃岐の英雄・長谷川佐太郎の旧宅で、江戸末期に活躍した勤皇の志士・高杉晋作や桂小五郎が頻繁に出入りし、潜伏していたこともありました。彼らは郷土の酒「悦凱陣」を愛飲したと伝えられています。

漫画「美味しんぼ」で紹介された純米酒

これまで「悦凱陣」は、日本酒ファンの間でも知る人ぞ知る銘酒でしたが、グルメ漫画「美味しんぼ」で「悦 凱陣 純米酒」が紹介されたことで、その名を全国に知らしめました。

満濃池に源を発する伏流水

丸尾本店の敷地内にある井戸からは、満濃池(まんのういけ)に源を発する金倉川水系の伏流水がこんこんと湧き出しています。同蔵元はこの水を仕込み水に使い、「悦凱陣」を醸しています。

先に触れた長谷川佐太郎は、自らの私財をなげうって満濃池を修復した篤志家として地元で語り継がれています。

バラエティー豊かな酒造好適米

「悦凱陣」を醸す酒造好適米はバラエティー豊か。例えば、香川県オリジナルの酒米「オオセト」を筆頭に、「山田錦」「雄町」「神力」「八反錦」「五百万石」など、酒米の調達具合によってフレキシブルに仕込んでいます。ただし、すべての酒米は、四代目当主・丸尾忠興氏の御眼鏡に適ったクォリティーの高いものだけ。その見極めが銘酒「悦凱陣」の個性となって現れます。

酒米の持ち味を生かすために

丸尾本店の酒造りの信念は「米の持ち味を生かすこと」。産地別に仕込むやり方で、1つのタンクに入れる酒米は1種類だけです。こうすることで、米本来のうま味や味わいを存分に引き出すことができます。ちなみに、酒を醸す設備や道具は、昔ながらの木製の甑(こしき)や、今となっては希少な和釜を使用。手づくりで醸す酒にとことんこだわっています。

極めて個性的な酒「悦凱陣」

「悦凱陣」の味わいは濃厚かつ芳醇。酸味も強いなど極めて個性的な酒は、熟成によって引き出された深い味わいが身上です。「悦凱陣イズム」とも称される讃岐の地酒は、じわじわとファンを拡大中です。