アジの旬

アジが最もおいしくなるのは5~7月です

暖流にのって日本周辺を回遊し、季節を問わず漁獲されます。旬に獲れるアジは小~中型で、脂ののりがよく、秋冬は大型で、旨みは劣ります。

スズキ目アジ科アジ亜科に含まれる魚の総称

「アジ」とはスズキ目アジ科アジ亜科に含まれる魚の総称で、日本ではその中の一種マアジを指すことが多く、他にも多くの種類があります。世界各地の熱帯・温帯域で食用に漁獲。マアジは北海道から東シナ海まで、水深2メートル足らずの港のなかから、水深150メートルの深海まで広く棲息しています。

日本語の「アジ」は味が良いことに由来

「魚」へんに「参」と書く「鯵」という漢字が当てられるが、この由来は諸説あり、「おいしくて参ってしまう」の意であるとする説、最も美味の季節が旧暦の3月に当たるので旁に数字の「参」が使われたとする説などがあります。

アジのブランド化

愛媛県西宇和郡伊方町「岬あじ(はなあじ)」、愛媛県三瓶町「奥地あじ」、大分県佐賀関の「関あじ」、宮崎県延岡市の「灘あじ(北浦)」、長崎県三重町「ごんあじ」、長崎県松浦市「旬あじ(ときあじ)」、山口県萩市「瀬付きあじ」、島根県浜田市の「どんちっちあじ」などブランド化されています。

「アジのたたき」の紀元は?

漁師料理の沖膾(おきなます)が起源で、漁師が船上で食べる刺身の一種です。1965年頃、新宿にある高級料亭の板前が小田原の海に遊びに行き、漁師料理の「たたき」に感動し、板前風にアレンジしました。これをきっかけにマアジの値段が高騰したという説もあります。

アジの主な栄養成分

イノシン酸や様々なアミノ酸がたっぷり

アジの美味しさは、なんといってもそのタンパク質と脂肪のバランスの良さです。適度な脂肪にうま味の素となるイノシン酸や様々なアミノ酸がたっぷり含まれています。

魚の脂肪はEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)

不飽和脂肪酸が多く、植物油以上にコレステロールを下げ、怖い動脈硬化、ボケなどを予防する健康効果があるといわれています。

カリウムで排出

アジには、余分な塩分を体の外に排出するカリウムも含まれていますので、血圧が気になる方にもおすすめです。

おいしいアジの選び方

全体に丸いものがいいでしょう。
黄色いものと黒いものがあれば、黄色い方を選びましょう。
腹を触って硬く、体表が輝いていて、鰓が鮮紅色のものがいいでしょう。
大きすぎるものよりも、中型がおすすめで、小さくても美味しいです。
流通方法によっては鮮度に関わらず、目が濁り、白くなるので目の色で鮮度は見ないようにしましょう。

アジの下ごしらえ&保存のポイント

三枚に下ろして皮は包丁の峰(刃背)を使うか、手ではぎます。
血合い骨は毛抜きで抜きます。
三枚におろしたあじに塩を両面にふって30分おきます。
酢で洗って塩を流し、バットに並べて浸るくらいの酢をそそいで30分くらいおきます。
酢から取り出してラップに包んで保存袋に入れます。
冷蔵での保存期間は、3〜4日です。