カリフラワーの旬

カリフラワーの旬は11~3月

収穫時期を変えながら全国で栽培され、真夏を除き、ほぼ通年出回っていますが、最も美味しい旬の時期は寒い冬です。

キャベツを品種改良した野菜

花のつぼみの部分を食用としている「花野菜」の一種です。つぼみの白い品種が好まれるため、つぼみができると大きな外葉で包み、日光を避けて栽培します。

カリフラワーは淡色野菜

カリフラワーはブロッコリーと同じくキャベツや白菜、チンゲンサイ、菜の花などの仲間でアブラナの一種です。ブロッコリーが緑黄色野菜なのに対し、こちらは淡色野菜になります。標準和名ではハナヤサイ(花椰菜)と呼ばれ、キャベツをカンラン(甘藍)と呼ぶのに対して、カリフラワーは花カンランとも呼ばれています。

カラフルカリフラワーも人気上昇中

一般には白いものというイメージですが、近頃は紫色の「バイオレットクイーン」やオレンジ色の「オレンジブーケ」などカラフルなカリフラワーが店頭に並ぶようになってきました。ただし、「バイオレットクイーン
は茹でるとブロッコリーに近いグリーンになってしまいます。そのほかにも、変わった形をしたロマネスコなどがあります。

カリフラワーの主な栄養成分

ビタミンCが大変豊富

熱を加えてもビタミンCが壊れにくいという特徴があります。カゼの予防や肌を美しくする効果が期待できます。そのほか、疲労回復、ガン予防、老化防止に効果があるといわれています。

MATS(メチルアリルトリスルフィド)という特有物質

MATSは、強い抗酸化作用を持っていて、脳卒中や心臓病の原因となる動脈硬化や血栓ができるのを防ぐ働きがあるといわれています。コレステロールが体内に吸収されるのを防ぐ「フィトステロールや、カリフラワーの辛み成分である「アリルイソチオシアネート
なども同様の働きがあります。

カリウムが豊富。

カリウムはナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、高血圧に効果があるといわれています。また、長時間の運動による筋肉の痙攣などを防ぐ働きもあるといわれています。このほかにも、多種のビタミン、食物繊維、β-カロテン、微量元素のセレンなどが細胞性免疫を強める働きがあることから、防ガン、抗ガン食品といわれています。

おいしいカリフラワーの選び方

つぼみの色が白く、こんもりと固くしまっているものを選びましょう。鮮度が落ちると、白い部分が黒ずみます。周りの葉の切り口が変色などしていない、新しい物を選ぶようにしましょう。ずっしりと重みを感じ、軸の切り口がみずみずしく新しいかどうか、空洞ができていないかなどを確認してください。

カリフラワーの下ごしらえ&保存のポイント

冷蔵保存

生のまま保存する場合は、カリフラワーの周りの余分な葉を落とします。次に軽く湿らせた新聞紙で包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫で保存しましょう。カリフラワーの保存の適温は0?5℃です。

茹でて保存する場合は、1分ほど茹でて、ザルに上げてしっかり水気を切り、しばらく冷まします。あら熱が取れたら密封容器に入れて冷蔵庫で保存しましょう。(保存期間:2~3日)

冷凍保存

生のままではなく、下茹でしてから小分けした状態にして冷凍庫に入れましょう。下茹では固めに茹でる事がポイント。バットなどにラップを敷いて、そこに広げて冷凍庫に入れ、一気に凍らせる事で少しでも食感の劣化を抑えます。(保存期間:1か月)

カリフラワーの調理のポイント

茹で方

2%程の塩(水1Lに対して塩20g)を入れ沸騰させている熱湯で、さっと1分程茹で、湯からあげた後はそのまま冷まします。ゆでる時に小麦粉を少量加えると沸点が上がり、ゆで時間を短縮し、ビタミンCの損失が少なくなります。

レモンスライスかお酢を

茹でる時にレモンスライスかお酢を加えることで、変色を防ぎ、白くゆで上げることができます。房はなるべくバラさないで、塊のまま茹でる方が火の通りが均一に入り、崩れにくいです。