ハタハタの旬

ハタハタは地域によって旬が異なります

秋田の漁期は11月末から1月にかけてで、ブリコ(卵)を持っている雌が珍重され、旬となります。
一方、鳥取など山陰では、産卵前の脂がのった3月から5月が旬とされ、「シロハタ」と呼ばれ珍重されています。

秋田県の県魚

ハタハタは、漢字で「鰰」、魚偏に神と書きます。
その昔、厳冬の日本海沿岸の人々にとって、冬の訪れに轟く雷(神鳴り)とともに、突然海岸に打ち寄せる獲りきれないほどのハタハタは、まさに神様が遣わした魚と信じられていました。

別名「カミナリ魚」

ハタハタは、東北以北の大平洋側、山陰以北の日本海で、水深200~400mの砂泥底に棲息しています。11~12月頃、産卵のために水深2mほどの沿岸の藻場に、大挙して押し寄せます。その頃が漁期となります。この時期、雪が降りだす前に雷が鳴ることも多く、そこから「カミナリ魚」とも呼ばれています。

絶滅の危機に瀕したハタハタ

1970年代までは大量に水揚げされ、冬の間のたんぱく源として秋田の食文化に深く根ざしていたハタハタ。ところが、乱獲のために70年代以降激減してしまいます。どん底の91年には70tにも減り、絶滅の危機に。
地元漁師たちは、92年から3年間、自主的な全面禁漁に踏み切りました。これは漁師たちが自主的に規制をした世界で初めての、そして唯一のケースです。
その後、毎年の資源状態に合わせて漁獲する資源管理型漁業へと転換し、2000年には1,000t、03年には3,000tを上回るようになり、秋田の味は守られたのです。

日本三大魚醤の一つ

秋田の「ハタハタのしょっつる」は、石川の「いしる」や香川の「いかなご醤油」と並ぶ、日本三大魚醤の一つとされています。
そもそも魚醤は、中国や韓国をはじめ東南アジア一帯で、万能調味料として古くから親しまれています。タイのナンプラー、ベトナムのヌクマム、カンボジアのタクトレイや、古代ローマ時代にはガルムと呼ばれる魚醤がありました。
日本でも、古来は醤(ひしお)と呼ばれ、延喜式には「鯖醤」「鯛醤」などの名が記され、平城京や平安京の市でも売られていたといいます。
魚醤の中でも、とくに「ハタハタしょっつる」は旨み成分のグルタミン酸や甘み成分のアラニンなどが多く含まれていて、火を通すと塩辛さは甘さとコクに変わり、味に一層深みと厚みを加えてくれるそうです。

郷土料理に

ハタハタは、秋田のしょっつる鍋やお正月に食べるなれずし、しょっつるの原料として欠かせない魚です。
また、庄内地方には12月9日の「大黒様のお歳夜」にハタハタの田楽を食べる風習があり、鳥取には酢でしめた「白ハタ寿司」と呼ばれる郷土料理があります。

ハタハタの主な栄養成分

カルシウムが豊富

骨の健康を保つほか、心臓や筋肉、神経伝達組織の働きを円滑に保つために大切なカルシウムが豊富に含まれています。

風邪の予防に

良質のたんぱくがたっぷり。寒い季節の風邪予防にぴったりの魚です。

ビタミンとミネラルも

セレンとビタミンB12を多く含んでいます。

おいしいハタハタの選び方

目が青く澄んでいて、体表にぬめりがあるものを選びましょう。体色の濃いものがよく、色があせて白っぽくなったものは鮮度が落ちています。