ほうれん草の旬

ほうれん草の旬は11〜1月です

ほうれん草は全国で栽培され、様々な品種が地域を変えながら収穫され通年市場に出回っていますが、本来の旬は11~1月の冬です。この時期は色も濃く、栄養分もまして甘味があります。

原産地はペルシャ地方

ほうれん草はアカザ科ほうれん草属の野菜で、原産地はペルシャ地方とされ、日本には江戸時代の初め頃に伝わりました。東洋種は、葉の切れ込みが深くとがった形をしていて、アクが少なく、お浸しにしても美味しくいただけます。西洋種は、葉は切れ込みがなく丸みを帯びていて、少し厚みがあります。あくが強くソテーなどして、魚肉料理の付け合せに向いています。市場に出回っているもののほとんどは、上記の交雑種で、両方のいいところを残しています。

貧血気味の人の強い味方

ほうれん草は各種ビタミン、ミネラル類が豊富で、ビタミンAは120グラム(約6枚分)も食べれば1日の必要量をカバーでき、鉄分は牛レバーに匹敵するといわれています。ヨーロッパでは”胃腸のほうき”といわれ、消化吸収のよい食物繊維が胃腸を整え、便通をよくします。

千葉県と埼玉県、群馬県、茨城県

ほうれん草は関東での栽培量が多く、この4県と神奈川県で全国の3分の1を生産しています。

中国語でぺルシャの意味

西アジア原産で、ペルシャで栽培されていた、ほうれん草の「菠薐(ほうれん)」とは中国語でペルシャのことをいい、東へは「西遊記」の三蔵法師も通ったシルクロードを経て、回教徒の手により中国へ。西は北アフリカからイベリア半島を経てヨーロッパへと伝えられました。

ほうれん草の主な栄養成分

ほうれん草は緑黄色野菜

ほうれん草はビタミン類、ミネラルなど、どれをとっても非常に栄養価が高い緑黄色野菜です。旬の冬に食べる方がビタミンCがたくさん摂れます。

ほうれん草は非常にたくさんのカロチンを含みます

β-タカロチンは抗発ガン作用や免疫賦活作用で知られていますが、その他にも体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。

骨の形成や健康維持に

ほうれん草の赤い根の部分にはマンガンが含まれており、たくさん含まれているカルシウムやマグネシウムと共に、骨の形成や健康維持に役立ちます。

おいしいほうれん草の選び方

ほうれん草は小松菜などと同じように、葉の緑が濃く鮮やかで、シャキッと元気なもの、厚みがあるものを選びます。また根の付け根部分がふっくらとしている物の方が甘味があり美味しくいただけます。

ほうれん草の下ごしらえ&保存のポイント

冷蔵保存

ほうれん草は乾燥に弱いので濡れた新聞紙などでくるみ、袋に入れて冷蔵庫の野菜庫で保存します。その際、なるべく本来あった状態、根の部分を下にして立てて入れておくようにした方がもちがよく、茎が曲がったりしません。(保存期間:3〜4日)

冷凍保存

ほうれん草を冷凍する場合は、切らずに一度茹でて冷水に落として水気を絞り、それから切って使う分ずつ小分けして冷凍します。(保存期間:2〜3週間)

ほうれん草の調理のポイント

炒める場合は、茹でなくても大丈夫

ほうれん草を適度な長さに切ってそのまま炒めます。バターソテーの場合は下茹でしてからの方が美味しく出来ます。

生のままサラダに

サラダ用のほうれん草などは生のままでもアクが少なく美味しく食べられます。

お浸しや胡麻和え、白和えなどに

下茹でしたほうれん草をおひたしに、胡麻和えや白和えなど様々なあえ物に。また、胡麻油などを合わせナムルにしても美味しいです。

汁物の具に

味噌汁や澄まし汁などの具材として使う場合は、アク抜きのため下茹でしたものを使います。ほうれん草を加えてからは煮込まないようにしてください。

ほうれん草をピューレ状にして

下茹でしたほうれん草をミキサーにかけ、ソースや練り物に混ぜて使ったりします。